注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

旦那が嫌い「でも離婚はできない」と苦悩する妻…〝発狂しそうな心〟の保ち方

コミュニケーション

2019.06.05

家事育児への態度、妻への接し方、性格の不一致など。原因はさまざまですが、いったん「夫のことが嫌い」になってしまうと、愛情を取り戻すのは容易ではありません。その後の結婚生活は、とても辛いものとなります。とはいえ簡単に離婚できるものでもなく…なんとか結婚生活を続る妻たちは、「発狂しそうになる」気持ちをコントロールする術を身につけました。その方法とは…?

 

■自分より辛い人とくらべて…(美香さん/34/パート)

Man Threatening Woman During Argument At Home

iStock.com/bowdenimages

高学歴の旦那は、学歴のない私を常に小馬鹿にしています。もちろん私の意見なんか聞いてくれませんし、旦那に反論などしようものなら「学もないくせに、偉そうにものを言うな!」と怒られます。

いつしか話をするのも苦痛になっていました。「離婚したい!」と何度も思いましたが、幼い子どもを抱えてそんなことできるはずもありません。辛すぎるときは、私より苦境にある人を想像してやり過ごしています。

性格悪いと思われるかもしれませんが、これも自分の心を保つための苦肉の策。妻や子どもに暴力をふるうDV旦那、浮気を繰り返す女好き旦那、まったく働かないニート旦那…世の中、下には下がいるものです。

そんなクズ旦那を持つママ友の話を思い出して「私はまだマシか」と思うようにしているんです。褒められたことではないとわかっていますし、こんなのおそらく間違っているでしょう。

でも、追いつめられたいまの私には、これ以外に自分の気持ちをコントロールする方法がないんです。

■ここは家庭ではなく「シェアハウス」(美由紀さん/33/パート)

Business man, rich, millionaire, billionaire, with many banknote dollars money

iStock.com/Nattakorn Maneerat

夫婦の関係は数年前に破綻しています。旦那は外で別の女性を作り、家庭を顧みることはありません。家にいたとしても邪魔なだけなので、いまではもう、外で遊んでいてくれたほうが楽なんですけどね。

夫としてはなんの感情もありませんが、父親として考えると、ひどく腹が立つこともあるんですけどね。でも稼ぎだけはよく、毎月十分な給料を持って帰ってくるんです。私が結婚を続けている理由は、このお金だけですね。

私の収入だけでは子どもを不自由なく育てることはできませんし、人並み以上の教育を受けさせることも叶わないでしょう。そう言った意味では、いい父親。だから私は「家賃無料のシェアハウスに、ときどき帰ってくる40代のおっさんと同居している」と考えるようにしています。

そうすれば余計なストレスは溜まりませんし、「家賃無料で、住んでるだけでお金がもらえるんだから、家事くらいしよう」という気にもなります。

■「すべて子どものため」だと思う(南海さん/30/事務員)

Family relaxed at home

iStock.com/kohei_hara

子どもに無関心すぎる旦那へ嫌気がさしてしまいました。育児や教育のことを相談しても、いつも「お前の好きなようにして」と言うだけ。そのたびに、旦那への愛情が薄れていくのを感じます。

いまでは旦那のことが嫌い。会話もしたくありません。旦那も私への愛はないようで、お互い空気のような存在です。「これならいっそ離婚したほうがいいのでは」と思ったこともありました。

でも、子どものことを考えるとそれは絶対にできません。いまの生活はすべて愛するわが子のため。放り投げてしまいたい妻業も仕事も、すべて子どものため。すべてを子どもに注ぐことで、心のバランスを保っているんです。

だから旦那は〝子どもの父親〟、それだけ。子どもから父親を奪わないために、旦那と一緒にいようと思い直すことができています。子どもがいなかったら、とうの昔に離婚していたでしょうね。

 

Couple struggling with technology

iStock.com/pick-uppath

辛い日常を過ごしつつ「何かに逃避」することで、叫び出しそうな心をコントロールしている妻たち。それが正しい方法であるかは別として、追いつめられている現状が痛いほど伝わってきました。

 

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る