コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

旦那が作った「記念日」忘れたら大変なことに!!〝女々しい旦那〟との疲れる生活

コミュニケーション

2020.06.13

「女々しい」とは、いくじがない、思い切りが悪いなど〝男として〟ふさわしくない様子を表す言葉。ちなみに対義語は「雄々しい」です。そんな〝女々しい〟性格の夫を持つ妻たちには、独特の苦労があるようです。細かくて繊細すぎる夫たちに手を焼く、妻たちのお話を聞きました。

 

 

昔のことをよ~く覚えていて蒸し返す(明菜さん/28歳/事務員)

 

quarreling couple

iStock.com/monzenmachi

 

旦那は記憶力がやたらいいというか、とにかく根に持つタイプです。数か月前の喧嘩や、そのときに私が言ったことをずっと覚えていて、事あるごとに「あのときは傷ついた」とか「ひどいことを言われた」と持ち出してきます。

さらに「自分がしてあげたこと」もよく覚えていて、「あのとき俺が子どもの面倒を見たんだから、毎週のゴルフくらい許してくれよ」とか「つき合っていた頃はいつも俺が奢っていたんだから、今日はお前が払ってよ」などと、とにかくねちっこいんです。

旦那がなにか悪いことをしたり、失敗をして私が怒ったときなどは、決して謝らずに言い訳ばかり。そして「お前もあのとき○○したんだから、責める権利はない!」、「お前はいつも△△できてないんだから、俺もしなくて当然だ!」と昔のことを蒸し返し。

つき合っているときから細かい人だとは思っていましたが、年を経るにつれどんどん女々しさが加速している気がします。このまま行くとおじさんではなく、おばさんになってしまうのではないかと心配でなりません(笑)。

 

 

>>NEXT 夫が作った「20以上の記念日」

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る