コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

4人以上の会話が苦痛…話題に割って入るポイントに「たったそれだけ?」

コミュニケーション

2020.05.23

普段は問題なく会話を弾ませられる人の中でも、「大人数だと何故か上手に会話ができない」という悩みを抱えている場合が。どうやったら大人数の会話にうまく混ざれるのか、ネット上では様々なアドバイスが寄せられていました。

大人数の会話が難しい!

ネットには、とある女性から、「4人以上の会話が苦手で話に入っていけない!」とのお悩みが。2~3人の会話はスムーズに回せるものの、大人数になると極端な口下手になってしまうそうです。

 

同じような悩みを持つ人は少なくないようで、「これはわかる。自分もトークを他の人に譲って、いっこうに喋り出せないまま相槌ばかり打ってる」「他の3人だけで十分会話が盛り上がってるから、『自分は頷いてるだけでいいや』って一歩引いちゃうよね」といった共感の声が。なかには「他の人たちが上手く会話を回してたのに、自分が発言したとたん静まり返っちゃった…」という苦い経験をした人もいるようです。

 

周りの会話が盛り上がれば盛り上がるほど、割って入るのが難しくなっていく様子。逆に多人数の会話が得意な人はどうやって発言をしているのか、ネット上では「発言する前に『あー、それね』とか『うーん』みたいにちょっと溜めて、『今から話すよ』っていうアピールをするといいかも」「多人数の会話ほど“否定”から入ると空気が凍りがちだから、とりあえず共感しておいて少しだけ自分の意見を挟むのがいいかも」とのアドバイスが書き込まれていました。

 

そのほか、「多人数の会話だと1人当たりの話す量はどうしても少なくなるし、『自分も話さなきゃ!』って焦らなくてもいいのでは?」との意見も。普段は聞き役に徹しておいて、会話が途切れそうになったら話題を提供するくらいの意識でもいいのかもしれませんね。

 

>>NEXT 多人数の方が無理矢理発言をしなくていいからラク?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【その他】その他の記事

その他
もっと見る