コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「友達にさえフランクに話せない…」気を遣いすぎる人が変えるべきは〇〇から!

コミュニケーション

2020.05.21

家族や職場の上司など、人によって話し方を変えることってありますよね。友人に対してはフランクに接するものというイメージがありますが、なかには「くだけた話し方ができない…」と密かに悩む人も。ネット上では「友人への話し方」について様々な意見が寄せられていました。

つい気を遣いすぎる…

「友人と会話をする際、つい話し方が堅苦しくなってしまう」と悩みを打ち明けたAさん。家族と話す時はフランクに会話ができるものの、友人の前では気を遣って一線を引いた感じになってしまうそうです。「本当は気を遣わずに何でも話せる関係になりたいのに、くだけた話し方ができないせいでいつも疲れてしまいます…。どのように改善すれば良いのか教えてください」と、周囲へのアドバイスを求めています。

 

Aさんの悩みに共感する人は意外と多く、「くだけすぎると相手に失礼なことを言っちゃう気がして、つい敬語を使ってしまう」「初めて知り合った時にかしこまった話し方で入って、そこから修正できなくなった…」などの声が続出。ほかにも、「年上の友達に『タメ口でいいよ』と言われるけど、どうしても年齢を意識してフランクには話せない」「仲の良いママ友がいつも敬語で話しかけてくるから、釣られて私も堅苦しいしゃべり方になる」という声が上がっていました。

 

>>NEXT どうすれば話し方を改善できる?

1 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【その他】その他の記事

その他
もっと見る