コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

保育園の連絡帳って書くことなくない!?「ネタが尽きたら」この手があった!!

コミュニケーション

2018.12.18

保護者と保育園のコミュニケーションツールとして、家庭と園とを毎日行き来する「連絡帳」。でも…毎日書くとなると、これが結構大変ですよね。ネタも尽きて「書くことがない…」なんて困ること、ありませんか? こんなとき他のママたちは、どんなことを書いているのでしょうか? お話を聞いたら「なるほど」の知恵がありました!

 

書くことがない日は「質問の日」(れなさん/33/派遣)

3歳の男の子がいます。子どももそこそこ成長すると、変わったこともなく体調も悪くなく、特に書くことがなくて考えちゃう日も増えてきました。空白のまま出すこともけっこうあったのですが「なんだかもったいないな」と…せっかく保育のプロがいるのだから、育児の疑問や質問を聞いてみようと思って。それで書くことがない日は、1日ひとつ質問を書くことにしました。

shutterstock_418804261

たとえば、こんな感じです。
「夜早く寝かせるために、なにかいい方法はありますか?」
「冬は薄着にしたほうが丈夫になるというのは、本当なのでしょうか?」
「野菜嫌いを克服するにはどうしたらいいですか?」
「最近かんしゃくがひどく、泣き出すと止まらないのですが対処を教えてください」
「習い事を嫌がる場合、無理して行かせないほうがいいですか?」などなど。

聞きたいことって、意外とたくさんあるんですよね。回答にまた質問をしたり、さらに細かく聞いてみたりすると、知らなかったことがたくさん知れて、連絡帳を有効活用できています。後で見返すこともできるので、けっこう便利ですよ。

連絡帳というより育児日記(芙美さん/34/パート)

2歳の女の子がいます。私は連絡帳というよりも「育児日記」的な感覚で活用しています。もちろん、体調が悪い日や大事な連絡事項は書くようにしていますが、それだけではつまらないなと思って。どうせ書くなら、あとで見返したときに「こんなこともあったな~」って、楽しめるような育児日記をイメージして書いています。

shutterstock_1038295906

たとえば、
「最近好きな物は、ぽぽちゃんのお人形を使っておままごとをすること」
「好きなテレビ番組は、プリキュア。とくにピンクの子がお気に入りで、洋服もピンクを着たがるようになってきました」
「好きな絵本は、だるまさんシリーズが大好きで何度も読んでとせがんできます」
「苦手なものは、雷が苦手なようで、花火大会で見た打ち上げ花火をものすごく怖がっていました」

など、なにかしらテーマを決めて書いたり、出かけた場所や遊んだ友達など、書きとめておくだけでOK。すると先生がそれに対してコメントを書いてくれるので、それにまた返事をしてという感じで活用しています。

子どもだけでなく「親のこと」も(優花さん/32/サービス)

4歳の息子がいます。連絡帳は毎日書くものなので、あまり考えずにその日の出来事を淡々と書いています。「今日はご飯をたくさん食べました」「お風呂からなかなか出てくれず、とても長風呂になってしまいました」「咳が昨日より多く出始めました」「お迎えの後に公園に寄って遊びました」など、事実のみ書いています…文章を書くのが苦手なので。

子どものことに加えて、自分のことも書きます。「最近仕事が忙しくとても疲れているので、子どもと笑顔で接する余裕がありません」「イライラして怒りすぎてしまいました」「夕方から私の友だちが遊びに来て遅くまで飲んでしまい、朝寝坊しました」など、自分の精神状態や仕事の状況、出来事も合せて書ようにしています。

shutterstock_442896541

子どものことだけでなく、親の状況を伝えるほうが、よりいろいろ理解してくれそうな気がするので。それも本当に一文つけ加えるだけなので素っ気ないのですが、事実が伝わればよいのでいいかな? と思っています。

子どもの日々の様子をしっかり伝えるのはとても大事なことですが、「コミュニケーションツール」として120%活用するママたちの知恵、さすがです! たまにはパパに書いてもらったり、ネタリストを作成したりするのも面白いかもしれませんね。

shutterstock_132931220

ライター:木村 百情報誌の編集者として激務をこなした後、フリーライターに。2人の子どもの育児ストレスでイライラしつつも、日々の自分磨きは欠かせないアラフォーです。実母も姑も近所で暮らしているため、いまも未来も不安は尽きず。毎晩のお酒だけがパワーの源。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【学校・園】その他の記事

学校・園
もっと見る