コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「隙あらば自分語り」をする人はマウンティング好きなのか…!?

コミュニケーション

2019.01.16

20190110jibunngatari01SNSやネット掲示板などでよく見る、「隙あらば自分語り」をする人々。他人の話を聞くや否やすぐに自分のエピソードを語る人のことですが、“自分のことを話す”のはそこまで悪い事なのでしょうか? ネット上で議論が勃発していました。

 

「隙あらば自分語り」の典型例


主に「隙あらば自分語り」は、前後の文脈とそこまで関係ないのに“自分語り”へ持っていくケースが多い模様。例えばママ友と育児の大変さについて話している時に、いきなり「確かに大変よね… ちなみにうちは夫が家事を手伝ってくれる」などと自分の話に持ち込む行為を指します。

 

これが“マウンティング”と捉えられてしまうと、気まずい空気になることも。以前ネット上では、“自分語り”の被害にあっている主婦のお悩み相談が話題になっていました。

 

彼女はSNSによく娘の写真を投稿しているのですが、他のユーザーからのコメントは「うちの子もこうなのよ!」「私の子どもはこんな感じ」と自分の子どもを自慢する声が多数。投稿者の娘には全く触れず、それぞれの子どものエピソードでコメント欄が埋め尽くされてしまうといいます。彼女はただ、「娘さん可愛いね」と褒めてもらいたかっただけ。しかし思わぬマウント合戦が始まり、がっかりしてしまったそうです。

 

「隙あらば自分語り」っていけないこと?


そんな「隙あらば自分語り」を煙たがる人も少なくありませんが、ネット上ではその風潮に異議を唱える人も。「ちょっと自分の話をしただけなのに、“隙あらば自分語り”て言って否定するのはどうなの?」と意見を投げかけていました。こちらの投稿者は動画サイトのコメント欄などで「隙あらば自分語り」というワードを見るそうですが、少しくらい自分の体験談を交えて感想を言っても良いと主張。嫌われがちな「隙あらば自分語り」ですが、否定派だけではないようです。

 

そこでここからは、「隙あらば自分語り」に対する賛否の声を紹介していきましょう。まず「隙あらば自分語り」肯定派からは、「主観を入れて1つの話題について話すのはいいことだと思うけど…」「自分語りでイライラする人はちょっと心が狭い。それくらい聞いてあげてもいいのでは?」「『隙あらば自分語り』っていちいち揚げ足を取る人の方が、よっぽど話してて面白くないと思う」といった声が。また「むしろ話したい人がいるんなら聞き役になってあげるべきでは?」とのアドバイスも寄せられていました。

 

一方で否定派からは「ただの自分語りならいいけど、多くの場合はそれでマウント取ってくるからなぁ」「突然自分の話をするのは自己中心的だとおもう。まずは相手の話をしっかり聞かないと」「明らかに不自然なタイミングで話を変えられるとついていけない」といった意見が。ちなみに「隙あらば自分語り」と言われない工夫としては、「Twitterとかで自分のことを話すときは、自分から文章の後に(隙あらば自分語り)ってつけてたら角が立たない」といった方法があるようです。

 

「#隙あらば自分語り」というハッシュタグも!


人によって意見がわかれる唐突な“自分語り”ですが、世の中には驚くべき“自分語り”をする人もいる様子。ネット上では「就活の時に“自分語り”がすごい面接官がいた。明らかに志望者よりも喋ってて、ちょっとした講習みたいだったよ」「卵の話をしていた時にいきなり『自分の彼女はさぁ』って彼女自慢された時は笑っちゃった」「『自分語りって嫌だよなぁ』って話をしている最中に“隙あらば自分語り”を披露した友人は天才だと思う」といった報告が寄せられていました。

 

またTwitter上には「#隙あらば自分語り」というハッシュタグがあり、多種多様な自分語りが。「実はとある有名なゲームの攻略本に名前が載ったことがある」「武道歴25年です」「過去に全国模試で1位をとりました」と、みなさん思い思いの自分語りを投稿しています。

 

恐らく多くの人が、他人の話を聞くよりも自分の話をしたいもの。「隙あらば自分語り」などと煽らず、温かい目で聞いてあげてみてはいかがでしょうか?

 

文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る