コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子供がトラブっている相手は“仲良しママ友の子”…親としてとるべき行動は

コミュニケーション

2020.11.08

子ども同士での喧嘩はよくあることですが、喧嘩した相手が“仲の良いママ友の子”だった場合は少し事情が変わってきますよね。子ども達がすぐに仲直りできれば問題ないものの、ギクシャクした関係が続くことでママ友との接し方にも影響が出てくるようです。

子どもの仲直りが先決!?

とある女性は以前ネット上で、「うちの子が小学校の同級生と喧嘩になり、お互いに仲直りできない状態が続いてる」と近況を告白。喧嘩してしまった相手の名前を聞いたところ、普段から彼女が仲良くしている“ママ友の子”だったと言います。子ども同士の仲が悪いせいで、彼女自身もママ友との接し方に困惑している様子でした。

 

彼女の事情を知った人からは、「ママ友とどう接するかよりも、まずは子ども達の仲を修復させてあげるべき」「子ども同士が仲直りすれば、ママ友ともまた気軽に接することができると思う」などの声が続出。悩みを解消するためにも、子ども達を良好な関係に戻してあげる必要があるのかもしれません。

 

>>NEXT 仲直りさせる方法は?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る