注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

友人が再婚!喜ばしいけどご祝儀は…複雑な胸中と懐事情

コミュニケーション

2019.11.20

2019.12.03

友人の結婚式は気持ち良く祝いたいものですが、その人が“2度目”の結婚式だった場合はどうでしょうか? ネット上では、「2度目の結婚式に招待された時の対応」について議論が繰り広げられていました。

 

2度目の結婚式は理由をつけて断る!?


友人が最近再婚したというOさんは、2度目の結婚式に招待されたそうです。

最初の結婚式は快く参加しましたが、2回同じ人を祝うことに若干の抵抗が。「再婚した友人の結婚式は、前回と同様に参加するべきかどうかがわかりません…」と心の内を明かしています。

 

Oさんの悩みに共感する人は多く、

「前の結婚式にも参加してたら正直複雑な気持ちになるよね」

「ご祝儀をもう1回払うのかって考えてしまう」

「結婚相手が初婚ならもう一度式をあげたい気持ちも分かるけど、招待される側としてはモヤっとする」

という声が続出していました。

 

複雑な心境を抱く人たちの中には、

「理由をつけて断る。引越しした時や、子どもを授かった時に祝う程度で十分」

「前の結婚相手の話もタブーで気を遣うし、めでたい場なのに微妙な空気を感じたくないので遠慮します」

「そこまで仲良くない人だったら行かない」

など“不参加”の意思を示す声が。

 

抵抗を感じたら断るという人は意外と多いようです。

 

欠席しても祝電は贈るべき!?


2度目の結婚式に参加しない人が見られましたが、“参加する派”の意見も。

 

ネット上では、

「2回目だとしてもおめでたいことだし、祝ってあげたい」

「職場の人だったら関係性にも気を遣って参加します」

「再婚といっても相手が違うので、別物と考えて出席するかな」

といった声が上がっていました。

 

参加するか断るかは悩ましいところですよね。

なかなか決めきれない人に対して、

「まずは気持ち良く祝えるかどうかを考えてみて。行くか行かないかはそれから決めればいい」

「その人との関係性で決めてみたら? 今後も長いつき合いになりそうなら出席するべきだと思う」

「面倒だったら参加する必要ないけど、祝電くらいは贈るべきじゃないかな」

などのアドバイスが寄せられています。

 

またご祝儀に関しては、

「一度渡したならもう一度渡す必要はないと思う」

「マナーとして前回と同じ額を支払うべき」

「友人の再婚相手のことも配慮して、一般的なご祝儀を出すべき」

などの意見があげられていました。

 

友人だけでなく、再婚相手の立場も考えていく必要があるかもしれません。

 

再婚を理由に結婚式をしない人は約1割!


再婚で2回目の結婚式を挙げる人もいれば、初婚でも「結婚式はしなくていい」という人もいるようです。入籍したものの、結婚式をしない形態の「ナシ婚」。一体どのような理由から「ナシ婚」を選択するのでしょうか?

 

株式会社みんなのウェディングが今年実施した「『ナシ婚』に関する調査2019」では、316名の“ナシ婚派女性”にアンケートをとりました。

 

まず「結婚式をしない理由」についてたずねると、最も多かったのは「経済的事情(費用が高い、資金がない)」の21.8%。他にも「セレモニー的行為がイヤで、挙式や披露宴自体を行いたくなかった(18.0%)」「授かり婚・おめでた婚のため(16.5%)」などが高い割合を占め、「再婚のため」と答えた人も10.4%にのぼっています。

 

また「入籍以外に、結婚を機におこなったこと」も質問。「身内だけの食事会(54.7%)」「新婚旅行(27.2%)」「ドレスや和装など婚礼衣装を着用して写真撮影(24.1%)」といった回答がランクインしていました。結婚式を挙げなくても、他の行事が代わりの役目を果たしているのかもしれません。

 

人によりますが、結婚式は“人生の一大イベント”。式に招待された際は、失礼のないように対応していきたいですね。

 

文/古山翔

参照/株式会社みんなのウェディング「『ナシ婚』に関する調査2019」https://www.mwed.co.jp/press/release/2019/06/07/not-wedding-servey/

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る