2019.10.04

「他の人とは違う」という呪縛〝選民意識の高さ〟がママを孤立させる

自分が選ばれた存在であると思い込み、他人を見下したり排除しようとする考え方のことを「選民意識」と呼びます。この意識が高すぎると人間関係に悪影響が及びますが、こと「横並び」をよしとするママ友づきあいにおいては顕著です。自らの「選民意識」に苦しむママにお話を聞きました。

 

 

■怠慢な体型に意識の低さを感じる(歩さん/34/受付)

iStock.com/Milkos

若いときにモデルをやっていたので、いまでも体型には気をつけています。月に2回のエステ通いは欠かさないし、ストレッチや筋トレも継続しています。実は私、学生時代はとても太っていました。自分を変えたくて努力を重ね、ついにはモデルという職業まで手に入れたんです。

なのでどうしても怠慢な体型の人が許せないんです。生まれつきの体質もあるにはありますが、体型は自分次第でいくらでもコントロールできると思います。それなのにママ友たちは意識が低く、だらしない体型に言い訳をしている気がするんです。

「私は自分を甘やかしている人たちとは違う」という思いから、いつもまわりを見下していたんでしょうね。そんな選民意識のせいで、保育園でも住んでいる地域でもママ友ができず、すっかり孤立してしまいました。自分が悪いのはわかっているのですが。