コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

共通すると仲良くなれるのは「好き」「嫌い」のどっち?

コミュニケーション

2020.08.24

20190606sukinamono01

好きなものが一致する友人とは楽しく過ごせますよね。一方で嫌いなものが一致する友達も少なくないはず。では実際、「好きなものが一緒の人」「嫌いなものが一緒の人」のどちらがより仲良くなれるのでしょうか?

 

好きなものが一緒だと共通の話題で盛り上がれる!


ネット上の声を見ていくと、まず目についたのは「“好きなものが一緒の人”のほうが仲良くなれる」という意見。「好きな服や食べものが一緒だと、穏やかな気持ちで遊べる!」「好きなものが一緒のほうが、長い期間同じ話題で盛り上がれる」「友達ってそもそも好きなものが一致してるのが前提だと思う」といった意見が上がっています。

 

また夫婦の場合では、「共通の趣味を持ってると、お互いに充実した休日が送れる」「好きなものに関してはお互いに遠慮なく話せる。嫌いなものを話し合って盛り上がる姿は、子どもに見せたくないし…」「食事に関してもメニューに困らない」「会話のネタが尽きないのもいいところですよね」といった声が。

 

しかし気をつけるべき点もあるようで、「好きなものに注ぐ情熱による。こだわりが譲れないと、喧嘩に発展してしまうかも…」という心配の声が見られました。好きなものについて話すときは、譲歩することも必要なのかもしれません。

 

>>NEXT 逆に“好きなもの”は一致しないほうが良い?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る