2019.08.10

うるせー、ばばぁ、バカ……子どもの乱暴な言葉遣いへの対処法と直し方


良くも悪くも、いろいろな情報を素直な心で吸収していく子どもたち。ときには「どこからともなく乱れた言葉遣いを覚えてきて、困ってしまった!」なんてこともありますよね。

バカヤロー、うるせー、ばばぁなどなど……子どもに使って欲しくない言葉というのは、たくさんあります。こんなとき、子どもの乱れた言葉遣いを直すためには、いったいどうすれば良いのでしょうか。対処法をお伝えします。

■冷静な対処を心掛けよう

子どもが乱暴な言葉を使うようになったとき、思わずショックを受けてしまうママも多いのかもしれません。ついこの前まだあんなに可愛かった子どもから、「うるせーだまれ!」なんて言われたら、驚きすぎて反射的に叱ってしまう!というケースもあるのではないでしょうか。

とはいえ、この方法は逆効果になってしまうこともあり、注意する必要があります。というのも、子どもにとって乱暴な言葉遣いというものは、「意味はよくわからないけれど、なんとなく刺激的で使ってみたい!」と思うケースも多いからです。

このように、あまり深い意味もなく乱暴な言葉を使ってみた場合、それに対してママが過剰に反応することこそが、子どもにとって「おもしろい!」と感じがちなのです。

1.乱暴な言葉遣いを耳にする
2.なんとなく面白い気がして、使ってみた
3.想像以上にママが慌てた
4.やっぱり面白いから、どんどん使おう!

こうした流れに飲み込まれてしまうと、ママにとって使って欲しくはない言葉を、どんどん使ってしまうことも考えられます。

子どもの言葉遣いの乱れに気付いたときには、ハッとしてしまうこともあるかもしれません。とはいえ、まずは冷静に対処することを心掛けましょう。

子どもと目線を合わせながら、「どうしてそんなことを言うの?」と聞いてみるのもオススメです。子どもの言葉を聞いてどう感じたのかを素直に伝えると共に、「もっとこう言った方が、正しく伝わると思うよ」と、わかりやすくアドバイスをするのも良いでしょう。

Chanto