2019.07.17

子どものユーモアセンスは工夫次第でぐんぐん伸びる!笑いのパワーを取り入れよう

いつでもみんなの輪の中心にいるような……素敵な人が身につけているのが「ユーモアセンス」です。男女関係なく、ユーモアがある人は周囲の人から愛されやすいという特徴があります。

「センス」というだけあって、先天的なものなのでは……?と思う方もいるかもしれませんが、ちょっとした工夫でユーモアセンスは伸ばすことが可能です。特にいろんなことを吸収していく子ども時代は、ユーモアセンスを磨く時期として、最適であると言えるでしょう。

ユーモアセンスを伸ばすための具体的な方法と、ママやパパの関わり方を教えます。


■ユーモアセンスを磨くメリットとは

まずは子どもに、ユーモアセンスを身につけさせ、磨いていくことのメリットについてお伝えします。ユーモアとは、日常の中に潜むさまざまな出来事に、「笑い」をプラスしていくこと。ユーモアセンスがある人は、どんな状況下でも「笑い」を見つけ出す能力に長けており、その笑いが、自身の心を守るための鎧となってくれるケースも少なくありません。

ユーモアは国際社会で上手く人間関係を築いていくための基礎スキルでもあり、また周囲との関係を円滑にするための秘策とも言えるでしょう。

ユーモアがある人に対して、人は親しみを覚えやすく、またユーモアを通じて一緒に笑い合うことが、仲間同士の連帯感を強めてくれます。

ユーモアは知性や言語力がなければ身につけられないセンスであり、また子どもの社会性を発達させる上でも役立ってくれます。

人を見下し、口汚くののしるような間違ったユーモアではなく、周囲の人と気持ち良く笑い合えるような美しいユーモアセンスを磨いていきたいところですね。

 

Chanto