注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

不登校で引きこもり…ゲームしかやらない息子を危惧する母に精神科医がかけた言葉

子育て

2019.03.08

“ゲームばかりする子ども”に賛否の声が続出


“ゲームばかりする子ども”の教育に悩む家庭は多いようで、ネット上では高岡先生の発言に安心する親が続出。

 

例えば、「子どもがゲームをするたびに不安になっていましたが、もう気にしなくてよさそうですね」「『ゲーム=ダメ』みたいな考え方は古いのかな」「ゲームは子どもに悪影響を与えると思っていました…。先生の発言を聞いて反省しております」「毎日ゲームしていても文句は言いません!」といった声が相次いでいます。

 

しかし一方で、否定的な声も少なくありません。「先生がいくらいいと言っても不登校はよくないでしょ」「部屋に閉じこもってゲームばかりしているのは不安でしかない」「ゲームを美化し過ぎている気がする」「オンラインチャットで変な人に何か吹き込まれそうで怖い」「メリットがあるみたいだけど、子どものうちは自制ができないから親が管理するべき」などの厳しい声も。

 

中には、「そもそも『不登校』と『ゲームしかやらない』って別々の問題ですよね?」「ゲームと不登校の問題を一緒に考えるのはよくない」というコメントも寄せられていました。

 

>>NEXT ゲームで成績アップ!

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【小学生】その他の記事

小学生
もっと見る