注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

高校も無償化に!?制度改正で4月から対象世帯が大きく増加

子育て

2020.02.12

子どもが進学する際、家計を支えてくれる就学支援金制度。同制度が改正され、今年4月から条件が変わることが決定しました。子ども持つ親にとっては大きなニュースに、「これは嬉しい」「お金の心配が減ってよかった」といった声が上がっています。

“就学支援金”制度の対象が拡大!

同制度は高等学校へ通う子どもを持つ親に対して、授業料などの学費を支給するもの。たとえば全日制の公立高校では年11万8800円、さらに全日制の私立高校に通う家庭に対しては最大29万7000円の支援金が支給されていました。学校にかかる経済的負担を軽減することで、教育の機会を均等にするのが目的の制度です。

 

今回の改正で注目すべきは、“私立高校の実質無償化”。今の制度は年収制限が厳しく、最大金額の29万7000円を受け取ることができるのは年収270万円未満の家庭に限られています。そのため子どもが私立高校に通っている家庭の家計負担は大きかったのですが、今回の改正で支援を受けられる世帯が“年収590万円未満”まで拡大。条件に合う家庭であれば、上限39万6000円の支援を受けられるようになりました。

 

すでに受給している在校生も制度変更の恩恵を受けられるため、対象となる家庭はしっかり手続きをおこないたいですね。

 

>>NEXT 自治体によっては追加の支援制度も

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【話題】その他の記事

話題
もっと見る