2019.02.25

産休に入る前の挨拶まわりに関する基本まとめ

46-1

産休に入る前、お世話になった人たちに挨拶をするのが社会人としてのマナーです。

気持ち良く送り出してもらえるように、挨拶はきっちりしておきたいものですね。

 

また、職場復帰をする予定があるなら産後も職場の人と良好な関係が保てるよう、信頼関係を築いておくためにも挨拶は必要です。産休に入る前の挨拶まわりについてまとめてみましたので、紹介します。

■誰に挨拶をすればいい?

産休に入る前に挨拶が必要になるのは、社内や社外のお世話になった人たちです。

社内では直属の上司を筆頭に、同じ部署の先輩や後輩、同僚などに挨拶をしておきましょう。

部署の違う人でも仕事で接する頻度が高かったり、お世話になることがある人には、産休に入ることを伝えておいたほうが良いでしょう。

社外の人で挨拶が必要になるのは、取引先やお客様、その他の仕事関係者です。仕事相手は付き合いによって挨拶方法が異なりますので、相手に応じた適切な挨拶をするようにしましょう。

社外の人に挨拶をするときは、自分が産休中の間の後任と一緒に挨拶に行くと、相手も今後の対応に困ることがありません。

■挨拶まわりをするのはいつ頃?

産休に入る前の挨拶は、約1カ月前程度が目安とされています。社内の場合は事前に妊娠していることを伝えていますので、1カ月前程度に一度挨拶をしておき、最終出勤日にもう一度挨拶をするのが理想的です。

社外の人についても1カ月前程度で問題ありませんが、大きなプロジェクトに参加しているときは、もう少し早めに伝えておいたほうが良い場合もあります。

自分の職種や取引先との関係によっては、直接訪問して挨拶をしなければならない場合もありますが、一般的には電話やメールなどでの挨拶でも問題ありません。

電話やメールで挨拶する場合は、最低でも1週間前までには連絡するようにしましょう。

富樫 真由美

富樫真由美
保育の仕事をしながら子育てをした経験を活かし、ライターをしています。