注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

きょうだいの不仲に悩むパパママへ 親としてできる5つのこと

子育て

2019.04.18

37-2

■子どもを比較しない

兄弟の仲が悪くなってしまうのは、親が子どもたちを比較しているからかもしれません。

自分たちは比較しているつもりがなくても、つい「お兄ちゃんはできるのに」「なんであなたはできないの?」などといった言葉で、子どもを傷つけているかもしれません。

優秀と判断された子どもは親から愛されていると実感できますが、できが悪いと判断されてしまった子どもは劣等感を抱き、親からも嫌われていると感じてしまいます。

優秀な子どもはできが悪い子どもに対して、嫌悪感を覚えることも考えられます。幼いときにこのような感情を抱いてしまうと、相手を意味もなく軽蔑し続けてしまうこともあり、長期にわたって仲たがいしてしまうこともあるでしょう。

ひどい場合は大人になっても死ぬまで和解しないこともありますので、容易に子どもを比較する言葉を投げかけるのは避けましょう。

また、どちらか一方を褒めるのではなく、兄を褒めたら弟や妹も何かを褒めるなどというように、平等に褒めてあげるようにしましょう。

■兄弟それぞれに違うことをいわない

子どもと何気ない会話をしているときは、親も自分が何を話したか覚えていないこともあるでしょう。しかし、親のたわいもない話でも、子どもはしっかり覚えているものです。

兄や姉にはAと話していたのに、弟や妹にBと話していると、どちらが親の本心かが分からなくなります。また、場合によっては、自分だけに本心を話してくれていると思うこともあるため、兄弟より自分のほうが信頼されていると優越感を覚えることもあります。

どちらも本心だったとしても、子どもが小さなうちは理解できません。また、ある程度成長した子どもだとしても、親がコロコロいうことを変えると思い、信頼できないと思えることもあります。

子どもに話をするときは、それぞれ違う話にならないよう、一貫性を持って会話をするようにしましょう。

■男女で差別をしない

兄弟に男女が混じっていると、つい「男の子だから」「女の子だから」などといった言葉をいってしまうことがあります。

兄弟ゲンカをして男の子が女の子に手を出すのはもちろんいけませんが、女の子も決して手を出していいわけではありません。

また、料理や掃除などといった家事を女の子にさせてしまうことも多いですが、それ自体を不満に感じている子どもも多いことでしょう。

女の子だから家事をさせるのではなく、同じように男の子にも家事をさせるように心がけましょう。

■まとめ

兄弟仲が悪いと、親の苦労も絶えないものです。小さなうちはともかくとして、大人になってまでそれが続かないよう、早めに対策を練りたいものです。

親の何気ないひと言が、子どもたちの不仲の原因となっていることもありますので、子どもに対する言動に気を付け、子ども同士がどのような解決をするか見守っていきましょう。

2 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼稚園・保育園児】その他の記事

幼稚園・保育園児
もっと見る