注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

イヤイヤ期の後は「なぜなぜ期!?」子どもから質問攻めを乗り切る術

子育て

2018.11.13

20181109_classlesson_01やっとイヤイヤ期が過ぎ去ったかと思いきや、次にやってくるのは何でも質問してくる“なぜなぜ期”。目に入るもの全てに疑問を持って、お母さんを困らせているイメージですよね。今回は、子どもに“なんで?”と聞かれた時の対応で議論が白熱しているよう。

 

なぜなぜ期の対応で討論開始!


現在なぜなぜ期の子どもを育てているお母さんは、“なんで?”と聞かれたらすべて口頭で説明してあげています。一方でその行動を見て、“自分で調べさせたほうがいいんじゃない?”と言っている先輩ママも多数。

 

そこでお母さんは、「親が“自分で調べなさい”と突き放せば、子どもは“困っている人に頼られたら拒否すればいいのか!”と勘違いしてしまうのでは?」とも思い悩んでるようす。先輩ママからのアドバイスを受けて、「“自分で調べなさい”は教育上いいことなんでしょうか?」と疑問を投げかけました。

 

この質問に世のお母さんたちは、“教えてあげる派”と“調べさせる派”に分かれてトークをスタート。教えてあげる派からは、「手が離せない時や時間がない時は、なだめる意味もこめて教えちゃうかも」「まだ文字が読めなかったら、“調べろ!”はかわいそうだから教える」といった声が上がっています。

 

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼稚園・保育園児】その他の記事

幼稚園・保育園児
もっと見る