注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

心を養う情操教育で大事なことは!?「逆に神経質になり過ぎて…」

子育て

2019.07.31

子どもを育てるうえで欠かせないのが「情操教育」。家庭によって教育方法は違いますが、世の親たちはどのようなことに気をつけているのでしょうか? そこで今回は、ネット上に寄せられた“情操教育の際に意識していること”をピックアップしてみました。

 

「ポジティブ思考になってほしい」と願う親が続出


まず目についた“意識していること”は、「ポジティブ思考になってもらう」です。具体的な教育方法を見ると、「ネガティブな発言を控えてる。前向きになれるワードをできるだけ使ってます」「苦手なことから逃げないでほしいから『チャレンジしてみよう』ってよく伝えてるよ」「ミスした後は優しくフォロー。子どもが失敗を恐れないように心がけてます」などのコメントが。

 

しかし“怒らない”を意識している親には、「褒めるだけではダメ!」と反対意見も多数寄せられています。「優しい言葉をかけるのも大事だけど、時にはきつく叱るべき。怒られた経験がないと打たれ弱いメンタルになるよ」「子どものミスを指摘して、反省と改善を心がけさせるのも重要だと思う」といった声も少なくありません。

 

ポジティブ思考を育む以外にも、「相手を思いやる気持ち」や「感受性を豊かにする」などを意識している親もチラホラ。例えば、「相手の気持ちを考えられる大人になってほしいから、ペットのお世話を任せる。『もうすぐエサがなくなるよ』『体調がよくないみたい』と自発的な行動が増えた気がします」「想像力を養うために絵本をたくさん読み聞かせました。思いやりは想像から始まる気がするので」との意見も上がっています。

 

>>NEXT 子どもの前でケンカはしないで…

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼稚園・保育園児】その他の記事

幼稚園・保育園児
もっと見る