コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

知らなかったじゃ済まない!! 「これだけは気をつけたい」保育参観の〝お作法〟

子育て

2019.06.07

保育園に通い出して、初めての参観日! わが子の保育園での様子やお友達との関わりを見ることができる機会に、ちょっとワクワクしているママもいるのでは? でも、保育参観には「決して踏み外してはいけない流儀」が存在するのをご存知でしょうか。万が一やらかしてしまうと、周りのママたちから目をつけられてしまうかも…。保育園参観の初参加前に、先輩ママ直伝の流儀を学んでおきましょう!

902febcc6b208d1d78a0029caf7f1799-540x360


iStock.com/Rawpixel

 

■しんみり空気をブチ壊す着信音(ももこさん/38/司書)

5歳の娘の保育参観のこと。その日は、先生が紙芝居を読んでいました。普段は騒がしい子どもたちも、先生の迫力ある演技に夢中。すると「おじいさんや、元気を出しておくれ…おばあさんはそう言って、涙をうかべました」としんみりするシーンに突入。

みんなが(おじいさん、どうなっちゃうんだろう…)と心配そうに見守る、まさにそのとき。教室じゅうに「チャララララ~♪」と着信音(大)が響き渡ったのです。(誰よ、非常識だなぁ…)と周りをうかがいましたが、誰も動きません。

(え?)と、バッグの中にあやしい気配が…そう、マナーモードを忘れた犯人は、私だったのです! 大慌てで着信音を止め、さらに電源をOFFにしようとすると、アセって押し間違えたのかスクショが作動…ダメ押しに「カシャ!」とシャッター音まで。

「穴があったら入りたい」とは、まさにこのこと。しんみりした雰囲気をぶち壊した「マナー違反の困ったママ」そのものです。携帯電話のマナーモード設定は、基本ですがうっかりしがち。私のような大失態をしないようくれぐれも気をつけてください!!

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼稚園・保育園児】その他の記事

幼稚園・保育園児
もっと見る