コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夏休みが本格商戦!?いま選ばれているランドセルとは?

子育て

2019.08.14

 


■豊富なバリエーション「イオンのかるすぽランドセル」

「かるすぽ」とは、「軽々背負えて、すっぽり入る豊富な収納力」をコンセプトにしたランドセル。

豊富なカラーバリエーションがあることから、近年人気となっています。高学年になるにつれ持っていく教科書も増えるので、それに対応し大容量というのは嬉しいですね。かるすぽランドセルは、独自の3点背当てを採用し、背中への負担を分散させることで軽々と背負えるようになっています。軽量設計となっています。
さらに、パットの凹凸や配置にも工夫を行い、通気性もしっかり確保されています。片ベルトは9穴あるので、身長がグングン伸びてたとしても調節して使えるので安心と言えます。かるすぽランドセルは6年間保証がついています。価格は3万円台~7万円台、予算に合わせて購入することができます。

問い合わせ先

イオングループ総合お問い合わせ窓口
https://aeon.secure.force.com/VoiceAgreementForm?cid=08


■世界でたった一つのオリジナルも「三越伊勢丹ランドセル」

4月から販売開始し、人気モデルは早々に完売してしまうというのが、三越伊勢丹のランドセルです。老舗カバン・ランドセルメーカーやデザイナーブランドとのコラボによる上質感漂うランドセルがラインナップされています。素材もクラリーノから本革コードバンまで多彩に揃っています。

他にはないカラーやデザインのランドセルが人気の的となっています。
また、「パターンメイド」を使えば、ランドセル本体や内部、縁巻の色を選ぶことができるので、自分だけのオリジナルランドセルにすることもできるのです。その組み合わせは800万通り以上あるというので、こだわりを追求したいならおすすめです。

このほか有料で、ネームを入れたり、刺繍を施すこともできます。ランドセルシミュレーションがあるので、好みに合わせたパーツや色を選ぶことができます。価格は6万円台から10万円を超える高価格モデルもあり、6万円台が最も売れ筋とのことです。人気モデルを手に入れたい場合は、早めに購入することをおすすめします。


問い合わせ先

三越伊勢丹オンライン問い合わせフォームhttps://www.mistore.jp/qa/dept1/input


■コスパ追求派に選ばれている「ニトリのわんぱく組」

小学校入学は、一大イベント。勉強机や学用品などもいろいろと揃える必要があり、何かとお金がかかります。その一つがランドセルです。そこで、機能的で、デザインもよく、さらにお手頃ということで、近年人気なのが、「ニトリのランドセル」です。カラーバリエーションも豊富で、見ているだけでワクワクしてきます。機能性やデザインごとに5
つのシリーズがあり、3万円台が12種類と最も多く、中には、1万円台のランドセルもあるので、好みや予算に合わせて選ぶことができます。

テイジンとの共同開発による日本製の生地を使用し、軽さと強さを追求した独自の4つ構造を採用。企画からパッケージ、パーツの設計も自社でおこなっています。こうした製品安全の取り組みが評価され、経済産業大臣賞を受賞しました。

すべて6年間保証付き。修理が必要となった場合、預けている間、ランドセルを貸し出してくれるというサービスも付いています(修理内容によっては有償の場合もあり)。

学習机を見に行って、ランドセルも一緒に購入するというケースも多いようです。

問い合わせ先

株式会社ニトリ 問い合わせフォームhttps://www.nitori-net.jp/store/UserInquiryView?userInquiryViewStyle=strong&catalogId=10001&langId=-10&storeId=10001

 

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【グッズ】その他の記事

グッズ
もっと見る