注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

過保護よりヤバい過干渉な親…危険ゾーンはどこから!?

子育て

2018.11.15

2020.01.20

一昔前は良くない子育ての代名詞のように言われていた「過保護」。しかし、最近それよりも要注意だと言われるのが親の「過干渉」です。

 

TVドラマで「過保護のカホコ」というタイトルがありましたが、黒木瞳さん演じる母親が娘の生活すべてに口を出す行動についても、SNSで「あれは過保護ではなく過干渉」という指摘も見られました。

過干渉な親に育てられた子どもは、「自分で考えて物事に対応できない」「自分の意見を言えずコミュニケーションがうまく取れない」などの問題を抱えがちだと言われます。

 

しかし、小さい子に「これはこうしようね」「○○をしてはいけないよ」と教えるのは必要なことでもあります。しつけと過干渉の境目はどこにあるのでしょうか?

 

この記事では、年代別に「これは過干渉の危険ゾーン!」というべき行動をチェックしていきます。あなたは当てはまっていませんか?

 

そもそも、「過干渉」ってどういう状態?


過干渉は、一言でいうと「親の価値観の押し付け」です。

高校生や大学生になってくると、「門限が厳しく、帰りが遅いと電話やLINEが来る」「彼氏や友達がどんな人か親が気にする」そして「うちの親は過干渉!」という不満をよく耳にします。

これを読んでおられるママ自身にも、若い頃、そんな経験があるのではないでしょうか?

 

しかし、子どもが「自分はこうしたい」という希望に対し、その家のルールで許してもらえずガマンする…というのは過干渉ではありません。

本来子どもが決めるべきことを親が決めてしまうのが過干渉で、門限には間に合っているのに何時に帰るか指定されたり、法に触れるようなことでもないのに付き合う相手や行き先を制限されたりするのがこれに当てはまります。

子どもが決めるべきことまで口を出す理由として、「心配だから」とよく言われますが、子ども自身の安全を心配しているというよりも、子どもが親の理想から外れた行動をするのが心配なだけ…ということが多いと考えられています。

また、過干渉の特徴として、親子ともそれに気付いていないことも挙げられます。

 

過干渉のレベルがひどすぎて子どもが「うちの親はおかしい!」と悲鳴を上げる場合もありますが、小さい頃から当然のように何でも親が決定していると、いつの間にか、「お母さんならこう言うだろう」「こっちを選ぶだろう」という推測が子ども自身の考えのようになってしまい、区別がつかないこともあります。

 

<あわせて読みたい人気記事>

10年たっても後悔の念に駆られます…先輩ママの「育児の懺悔」伝えます

 

ちなみに、「過保護」と「過干渉」の違いって?


「過保護」と「過干渉」。

どちらも、親が必要以上に子どもに関わるイメージがありますが、実は次のような違いがあります。

 

過保護

「子どもの望むことをやってあげる」のが過保護です。

可愛さ余ってもう必要がないのにやり続けてしまったり、失敗させたくないあまり先回りして親が原因を取り除いてしまったりすると、子どもの心身の自立を妨げると言われてきました。

 

しかし最近では、過保護については一概に悪いとばかりは言えないとされています。

 

子ども側からの「だっこして」「着替えさせて」などの甘えは、いくつになっても快く受け入れてあげてOKといわれており、その方が子どもは心が満たされ、自分から自立できるという考え方が主流となっているようです。

 

過干渉

子どもの望む望まないにかかわらず、「親が望むことを子どもにやらせる(または禁じる)」のが過干渉です。

過保護とは異なり、子どもが「それイヤだ」と言っても聞き入れないのが過干渉な親の特徴です。

 

 

これをやったら赤信号!「過干渉親」チェックリスト


では、年代別に、こういうことをすると「過干渉」の危険ゾーンに入っている!という親の行動をみていきましょう。

 

幼児期

  • 「○○しないと嫌いになる、捨てちゃう」などと脅して子どもをコントロールしようとする
  • 反対に、親の思い通りになった時だけほめたり物を与えたりする
  • 子どもがいったん選んだもの(服の組み合わせ、プレゼントなど)を親の意見で変更する
  • 子どもが何か失敗すると、つい「だからママが○○って言ったのに」「今度からママの言うこと聞くのよ」等と口にしてしまう

小学生

  • 夏休みの宿題(工作、自由研究など)に手を出してしまう
  • 子どもの話を最後まで聞かないで「それはね…」と親の意見を話し始める
  • ケンカやトラブルがあった時、事実関係を確認せず学校や相手に苦情を言う
  • 子どもの友達を親が選び「〇ちゃんと遊んじゃダメ」等と言う

中学生・高校生

  • 子どもの手紙・日記、LINE、メールなどを勝手に見る
  • 気に入らない友達や彼氏・彼女との付き合いを禁止する
  • 携帯のGPSなどで居場所を常に確認し、子どもがオフにすることは許さない
  • うちの子は反抗期がなくてうれしいと思っている

 

中には、こういった過干渉が成人まで続き、アルバイト先はもちろん、就職先や結婚まで親の認めた相手先でないと許さないというケースもあります。

 

小さいうちに気をつけること


幼児期には、危ないことや社会のルールに反することはきちんと叱ってやめるように言ったり、正しいやり方を教えたりする必要があります。 

それがいつしか過干渉になってしまわないよう、子どもが小さいうちに気をつけておくと良いのは、次のようなこと。

 

 

必ず守るべきルールと、人それぞれで良いことを区別する

「道路にいきなり飛び出さない」「おもちゃを貸してほしい時は奪い取るのではなく、まず頼んでみる」など、誰もが守るべきルールがあります。

反対に、「児童館に着いたらどのおもちゃで遊ぶか」「服のコーディネート」などは、子どもなりに考えた結果であれば、基本的に自由なはず。

これらを混同した結果、「ほら、今誰も使ってないんだからこのおもちゃで遊びなさい!人が増えてきたらなかなか回ってこないんだから今のうち!」と強制してしまう…といった過干渉につながってしまうのですね。

 

人目を気にしすぎない

自分自身が過干渉な親に育てられた人や、義理の両親と同居している人に時々見られるのが、子どもの気持ちではなく周囲の人の目・評価を気にしすぎてしまうこと。 

子どもが離乳食を食べ残す、おむつが取れるのが(義母などから見て)遅い…などについて注意されると非常に気になってしまい、逐一子どもの行動に手を出したり、ダメ出ししてしまったりするケースもあります。

なかなか難しいことですが、子どもの評価=自分(母親)の評価ではないことを繰り返し思い出して、できるだけその子の成長ぺースを守ってあげたいですね。

 

将来を想像してみる

子どもにあれこれと口を出してしまう背景には、目先すぐにこうなってほしい・こうしてほしいという親自身の期待や願望があります。 

これってしつけ?過干渉?と迷った時は、「将来、自分(親)の目の届かない場所で同じ状況になった時や、離れて暮らすことになった後、この子にはどんな力が身に付いているか」と考えてみると、口を出すべきか、ぐっとこらえて見守るべきか、見分けがつくかもしれません。

 

自分の子ども時代と重ねない

自分の幼少期やこれまでの人生で辛い記憶や不満などが強烈にある場合、子どもには同じ経験をしてほしくないという思いから、ついあれこれと手出し・口出ししてしまう可能性があります。

もし、子ども時代の経験が影響していることのでは?と気付いたら、そのことをつねに自覚しておくだけでも、子どもへの接し方は大きく改善されるでしょう。

 

まとめ


核家族が増え子どもの人数が少なくなっている現代は、より「過干渉」になりやすい環境だといえます。

子どもが成長するに連れ、親が関わるべき範囲は変わっていきます。

子どものために良かれと思ってやっていることで、子どもの生きる力を育むチャンスを奪ってしまわないよう、時々振り返って見直しておきたいですね。

 

<合わせて読みたい人気記事>

親の顔が見たい…「意地悪な子」の特徴と対策、教えます

 

文/高谷みえこ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼児】その他の記事

幼児
もっと見る