2018.08.14

アメリカの離乳食は市販が当たり前!?

america ikuji

毎晩続く夜泣きにいつまでつき合えばいいの…!?トイレトレーニングが終わらない…!など、育児の悩みはつきません。どうしてもうまくいかない…。自分を追いつめそうになったとき、ほかの国の育児事情に目を向けてみませんか?日本ではあたりまえとされていた育児論も、意外と海外では誰も知らなかったなんてことも。視野を広げることで、気持ちがラクになるかもしれません。アメリカと日本での育児経験をもとに、ぜひ知ってほしい、海外の育児情報を定期的にお伝えします。

 

 

[第5回 アメリカの離乳食事情]


小児科医おすすめの市販品「ライスシリアル」でスタート


離乳食がスタートすると、ママの忙しさもアップ。離乳食を作る手間は増えるし、頑張って作っても食べてくれなくてイライラ…!なんてこともありますよね。しかし、アメリカのママたちはそうしたイライラと無縁なのだとか。今回は、アメリカの離乳食事情をのぞいてみましょう。

阿部祐子

出版社に勤務したのち渡米し、長男を出産。帰国後はフリーライターとしてWEBメディアを中心に執筆を行う2児のママ。CHANTO webでは主に育児、アート、ハンドメイドなどの記事を担当。ライター業とともに、がま口作家としても活動している。週末は趣味の建築巡りと街歩きに、夫と息子たちを連れ回している。