2019.09.12

入園準備は早めにスタート!ママに人気の入園用かわいい名付けグッズ

来春から幼稚園に通い始めるお子さんがいるご家庭において、そろそろ意識したいのが、入園準備です。

初めてのことでわからないことばかり!とはいえ園生活で子どもが困らないように、しっかりと準備しておきたいところです。

園によって求められる入園準備は異なりますが、どの園でも避けられないのが「お名前付け」です。今回は、可愛くて丈夫!使い勝手の良いお名前付けアイテムを紹介します。


■お名前アイロンシール

子どもが幼稚園で使用するものには、基本的に子どもの名前をわかりやすく記載するよう求められます。入園直前になってバタバタと準備するよりも、必要なアイテムが分かり次第、少しずつ済ませていくのがオススメです。

子どもの洋服や下着、タオルや給食用ナプキンなど、布製品に便利に使えるのが、アイロンで接着するタイプのお名前シールです。

市販品のお名前シールには、さまざまな価格帯の商品が揃っており、用途に合わせて選択することができます。

特に人気が高いのは、お名前と共に子どもの好きなモチーフが印刷されたタイプです。幼稚園に入園する頃には、まだ自分の名前のひらがなが読めない子どもも少なくありません。

お名前とセットで、子どもの好きなモチーフを印刷することで、「飛行機マークは○○くんの!」なんて、自分自身で識別することが可能となります。

お名前シールの中には、

・シール単体で販売されていて、自分で名前を書き込むもの
・業者が子どもの名前を印刷した上で、送付してくれるもの

の2種類があります。コストを抑えたいときには上の商品を、できるだけ手間をかけたくないときには下の商品を選択するのがオススメです。

基本的に「説明書に従ってアイロンで接着すればOK」という商品なのですが、生地の質や洗濯回数によっては、貼り付けた部分が徐々に?がれてきてしまうこともあります。

使用頻度の高いものに接着するときには、ミシンや手で、しっかりと縫い付けておくのがオススメです。

制服や園帽子など、目立つ部分にはアップリケタイプを使用するのも良いでしょう。子ども自身が愛着を持って使ってくれやすくなります。

ただしアップリケタイプの場合も、時間の経過と共に?がれ落ちてしまうケースが少なくありません。子どもが使うものですから、針と糸でしっかりと縫い付けておきましょう。

 

富樫 真由美

富樫真由美
保育の仕事をしながら子育てをした経験を活かし、ライターをしています。