2019.08.22

くわばたりえさん「頑張らなくていい」が子育て奮闘ママの心に響く

「ありがとう」で関係性を築く


様々な自論を展開するくわばたさんですが、過去には“嫁姑問題”についても言及。結婚当初、くわばたさんも姑にイラ立ちを覚えることが多かったそうです。原因は義母に対して控え目な発言ばかりだったこと。くわばたさんは、

 

言えないのが続くと「なんでそんな事すんの? 考えられへん! いい加減にしてよ!」と心の中でずっと言ってて…
本当に些細な事でも イライラしたりして…
あと◯日で帰れる。我慢。我慢。みたいな帰省でした。

 

と当時の気持ちを振り返っています。しかしある時2人でゆっくり話をするタイミングがあり、親身に話を聞いてくれたおかげで仲良くなれました。会話をしたことで義母を大好きになったくわばたさんは、「不思議なもんで、今までイライラしていた些細な事が何も気にならなくなった」とコメント。今では“姑にツッコミができるほどの仲”ですが、何かきっかけがなければ関係性も築きにくいですよね。そこでくわばたさんは、「ありがとうが口癖の嫁になってみる」ようアドバイスを贈っています。

 

姑がしてくれたどんな小さな事にも、全て感謝の言葉を添えるくわばたさん。「ありがとうは伝染する」と語っていました。人生や子育てに迷った時は、くわばたさんのブログをぜひ参考にしてみては?

 

文/長谷部ひとみ

≪ BACK 1 2

3

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。