2019.07.13

二人目妊娠中がチャンス!夫婦の家事・育児のバランス見直し


2人目の赤ちゃんを授かったのは嬉しいけれど、今でも十分大変なのに、赤ちゃんが増えることでどれだけ負担が重くなるんだろう、と不安を感じているママは多いと思います。

しかし、2人目妊娠中の今こそ、なあなあに済ませていた家事・育児の協力体制を整えるグッドタイミングです。夫婦の家事・育児のバランス見直しポイントをご紹介します。

 

<1.ここが大変!ここがよかった!2人目育児>

今は少子化で、一人っ子でも十分な時代。2人目を考えながら迷っているパパママもいると思います。

もちろん2人目を望むかどうかは夫婦の問題なのですが、2人目を躊躇する理由には、2人もの子どもを自分達で育てることができるのか?という不安があるのだと思います。

例えば2人目育児のお悩みとして、こんなものがあるそうです。

・上の子とのリズムが合わない。
・下の子に手がかかるので、上の子に我慢させてしまう。
・1人で2人を見ることになるので、お風呂などが大変。
・2人のお世話に時間を取られ、家事ができない。

年が離れていない兄弟の場合、どちらのお世話も必要だし、どちらにも目を離せないので、とにかく時間を取られ、何もできない、と嘆くママは多いようです。

しかし、兄弟がいることで、メリットもたくさんあります。

・2人でいるところを見ると癒やされる(特に寝顔)。
・兄弟で遊んでくれる。
・上の子の成長が見られる。

多くのママが、1人目は何もかもが初めてで不安の方が大きかったけれど、2人目は予測がある程度つくため、1人目より余裕を持って楽しく子育てできたと言っています。

また、子どもが2人になることで、パパが家事育児に協力的になったというママもいます。

今までワンオペ育児だったママも、この機会にパパとの家事・育児の分担を話し合ってはどうでしょう。いいきっかけになりますよ。

富樫 真由美

富樫真由美
保育の仕事をしながら子育てをした経験を活かし、ライターをしています。