2018.11.14

二人目が欲しいのに…夫婦で意見が食い違う!

悩んでいる夫婦

結婚する時に、「子どもは何人欲しい?」と話し合う夫婦は多いと思います。

年齢や体力・働き方などを考え「子どもは一人にしよう」と決めたはずなのに、実際に子どもを育ててみると、どちらかが「やっぱりもう一人欲しい…!」と気が変わったらどうしますか?

今回は、二人目出産について夫婦で意見が食い違った時、みんなはどうしていたのかを聞いてみました。

 

パターン1:ママが二人目を希望、パパが難色を示す


仕事復帰の前に、やっぱりもう一人産みたい

Yさん(32歳)は、一人目出産後にいったん退職し、2歳の男の子を育てています。保育園にはそれほど苦労せず入れそうな地域なので、いずれ働くつもりはあります。

しかし、長男が成長してくるにつれ、仕事に復帰する前にもう一人子どもが欲しという気持ちが抑えられなくなってきました。

 

「夫とは、この子一人でじゅうぶん幸せだよね、と話していたはずなのに…。息子のお友だちに弟妹が生まれ、お兄ちゃんらしい行動をしている姿を見たり、少し大きい子たちが公園で仲良く遊んでいる姿を見たりすると、この子もきょうだいと一緒に成長させてあげたいと思ってしまいます」

 

「ただ、その希望を伝えたところ、夫はかなり難色を示しました。理由は経済面だといいます。今は夫の収入だけで家のローンや生活費は賄えていますが、子どもを中学か高校から私立に通わせることになったら、習い事や塾・部活などで赤字になる可能性が高く、もし医学部や留学を目指すとしたら、私がパートに出たくらいでは、到底子どもを二人持つことなんて無理じゃないのかと」

 

>>NEXT 金銭面での不安…どう対応する?

高谷 みえこ

ライター歴15年。大手企業サイトなどで執筆を行う。得意分野は女性・主婦向けの記事。育児ポータルサイトでは新米ママのお悩み相談コーナーで回答者を務めた実績を持つ。