注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

絵本専門士・杉上佐智枝アナが紹介する絵本に感激「発想やギミックが面白い」

子育て

2020.01.07

子どもの感性に働きかける絵本。できれば子どもが成長してくれそうな絵本を読みきかせたいですよね。今年11月に放送された『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、絵本専門士の杉上佐智枝さんがおすすめの本を紹介しています。

杉上佐智枝さんが紹介する子どもが楽しめる絵本とは?

番組にゲスト出演したのは、2016年に結婚した水野美紀さんと唐橋充さん夫婦。最近子どもに本を読み聞かせても、全然聞いてくれないと悩んでいました。女優の水野さんが感情を込めて読んでも、途中で子どもに「おちまい」と閉じられてしまうそう。

 

そこで日本テレビアナウンサーの杉上佐智枝さんが、水野さんのために絵本をピックアップ。杉上さんは絵本専門士の資格を持ち、イベントなどで絵本の読み聞かせなども行っています。最近注目を集めており、杉上さんは受講資格を得るだけで10倍の倍率を生き残ったと語っていました。

 

まず紹介されたのは『おでこはめえほん けっこんしき』『おでこはめえほん はくぶつかん』(どちらもブロンズ新社刊)。変わった形をした2冊の絵本は、名前の通りおでこにはめて“顔出しパネル”のように遊びます。ちょんまげや動物の耳など、パネルの種類はバラエティ豊富。子どもと見せ合って遊べるため、飽きずに使い続けられそうですね。

 

>>NEXT アメリカの子どもが読んでいる絵本登場!

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼児】その他の記事

幼児
もっと見る