コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どもの頑固な「鼻水・鼻くそ」ママ看護士の〝お手入れのコツ〟

子どもの健康

2020.03.03

子どもの鼻には「鼻水・鼻くそ」がたまりやすいもの。放っておくと口呼吸や感染症につながる可能性もあり、まだ自分で処理できないうちは、ママがこまめにお手入れしてあげたいものです。お掃除のコツやお手入れ方法を、ママ看護士がアドバイスします。

 


なぜ子どもは「鼻くそ」がたまりやすい?

 

iStock.com/RyanKing999

 

子どもの鼻をのぞいて「小さな鼻の中にこんなに大きな鼻くそが!?」と驚いたことはありませんか? 

筆者は声をあげて驚いた記憶があります。鼻の穴が小さいうえ、子どもも嫌がるので、取り除くのにひと苦労ですよね。

 

鼻くそは鼻腔内に侵入した、大気中のほこりやハウスダスト、ウイルスなどが元になっています。

これらの異物と、鼻腔から少しずつ分泌されている粘液とが鼻腔内で混ざり合うと「鼻水」になり、これが乾燥して固まると「鼻くそ」となります。

子どもに鼻くそがたまりやすいのは、鼻水が出やすいこと、大人より鼻腔が狭いこと、セルフケアできないことなどが関係していると考えられます。



鼻水や鼻くそがたまる弊害は、まず息苦しくて寝つけないこと。口呼吸になるので喉も乾燥し、赤ちゃんの場合は哺乳が十分にできなくなってしまいます。

また鼻水が多い、喉に流れ込んで咳き込みの原因になるほか、黄色・緑色のドロドロした鼻水が長く続くと、副鼻腔炎や中耳炎に発展することもあります。

たかが鼻くそ、されど鼻くそ。正しい方法で、小まめにお手入れをしてあげることをおすすめします。



>>NEXT 鼻水のお手入れに絶好のタイミング

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【悩み】その他の記事

悩み
もっと見る