コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

腸内環境は幼少期に決まる「発酵食品」子どもにおすすめの理由

子どもの健康

2020.03.26

発酵食品には、健康維持に欠かせない栄養素が豊富に含まれているため、毎日でも摂りたい食品。腸内環境を整えたり、免疫をアップさせるためにも、子どもに積極的に食べさせたい食品のひとつです。子どもにおすすめしたい発酵食品を栄養士が解説します。

 

発酵食品に含まれる「良い菌」

 

iStock/miya227

 

発酵食品とは、微生物の発酵によってタンパク質や糖質が分解されてできた食品のことをいいます。

保存が効く食品として幅広く使われていて、ダイエット時にも多く活用されている食品です。

微生物によって発酵してあるため、健康に良い成分が含まれているだけではなく、風味も豊かな点がおいしさの特徴です。

発酵食品は微生物の発酵によって、身体の健康維持に効果的な「良い菌」が豊富に含まれています。

●乳酸菌
●酢酸菌
●酵母菌
●納豆菌 など

これらの菌は、腸内の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やす作用が期待されます。これによって腸内環境を整え、便秘の改善や免疫力アップに効果的だといわれているのです。

 

>>NEXT 子どもに発酵食品がおすすめの訳

1 / 4 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【生活習慣】その他の記事

生活習慣
もっと見る