注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どもの咳に「はちみつが効く」は本当? 効果的な使い方は?

子どもの健康

2020.03.04

子どもが急に咳をし出しても、すぐに病院に行けないことや手元に薬がないこともありますよね。そんなとき「はちみつ」が役立つかもしれません。はちみつが「咳に効く」といわれるエビデンスやおすすめの使い方、1歳未満は注意したい理由などを解説します。

はちみつには「咳に効果がある」?

 

iStock.com/ Metkalova

 

医療業界では日々研究が行われており、そうした研究を複数集めて評価したものを「システマティック・レビュー」と言います。研究の中でエビデンスレベル(根拠の強さ)が最も高いものと言われ、治療効果などを評価する際には参考になる指標です。

そのシステマティック・レビューとして、2018年に「子どもの咳に対する研究」が発表されています(※1)そこでは、「はちみつ」が以下のように評価されていました。

●はちみつの咳止めの効果は、咳止め成分「デキストロメトルファン」と同程度
●治療をしない場合や抗ヒスタミン薬よりも、咳を抑える効果が望める
●副作用の問題はいずれの治療でも差はなかった

この結果からは、はちみつが子どもの咳に効果があると期待されています。しかし、この研究だけで「すべての子どもに効果がある」と判断するには不十分な点も。

まず研究は海外のもので、はちみつも現地のものが使われています。また、研究で対象となっているのは子どもの年齢は2~5歳。現時点では、厳密には「はちみつに咳止め効果が期待できる…かも?」くらいと考えたほうがよいと思われます。

 

 

>>NEXT 咳症状を緩和する「はちみつ」の使い方

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【病気・感染症】その他の記事

病気・感染症
もっと見る