コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

市販の「子ども用かぜ薬」は〝強い成分〟が入ってる?! 正しい知識と選び方

子どもの健康

2020.02.27

市販の「子ども用かぜ薬」はこんなときに使う

 

iStock.com/Wavebreakmedia

 

 

市販の子ども用かぜ薬は、次のような場面で使用するよう心がけましょう。

●病院を受診するまでの間のつなぎとして
●軽めの症状に対して短期間の服用(目安として2~3日)

2〜3日の服用で症状が良くならなかったら、病院を受診することが大切です。

 

また、かぜによる発熱に対しては「アセトアミノフェン」を単独で使用するのが基本です。

そのため市販薬の場合も、発熱を抑えたいときは「アセトアミノフェン」だけが入っているものものを選ぶようにしましょう。

 

 

文:けん@薬局薬剤師

4 / 4 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【病気・感染症】その他の記事

病気・感染症
もっと見る