コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

1歳未満は重症化に要注意!!「RSウイルス」の症状と正しい対処法

子どもの健康

2020.01.17

RSウイルス感染でも登園可能?


 

1歳以上の子どもでは、全身状態を見て判断することが大切だそう。「水分がとれない」「食べられない」「咳ですぐ吐いてしまう」「咳で目が覚める、眠れない」という状態なら、やはり小児科へ。

かぜ症状はあるけれど、機嫌もよく、さほど苦しそうでなければ、保育園や幼稚園、小学校を休ませてようすをみましょう。

「RSウイルスの危険性を強調する医師もいますから、流行っていると聞くと、つい心配になると思います。でも、1歳以上の健康なお子さんなら、基本的に、かぜのときと同じ対処で大丈夫。具合が悪そうだから、登園・登校はむずかしいかなと思ったら、自宅でゆっくり休ませてあげてください。

つらい症状のピークは1週間以内に過ぎますし、2週間も経てば、症状は治まります。軽いものなら、水分と栄養をしっかりとらせて、咳、鼻水、熱に対して適切にお薬を使うという対処で十分です」(金子先生)

 

登園・登校についても、インフルエンザと異なり、とくに決まりはありません。

「ひどい咳をしていて、具合が悪そうなら別ですが、本人が元気になれば登園・登校はできます。学校保健法での登校停止対象にも入っていませんし、感染リスクが完全になくなるのを待つと、2週間ほどかかってしまいます。そんなに長く休ませるのは、現実的ではありませんよね。

1歳以上の子どもでは、とにかくナーバスになりすぎないことが大事だと思います」金子先生)

 

 

取材・文:川西雅子

4 / 4 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【病気・感染症】その他の記事

病気・感染症
もっと見る