コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【溶連菌感染症】感染したら〝抗菌剤は必ず飲み切る〟のが大事な理由

子どもの健康

2020.03.02

抗菌剤を飲み切ることが大事!

溶連菌の治療では、解熱剤や鎮痛剤など、高熱・のどの痛みといった辛い症状を和らげるための薬と同時に原因菌を退治するための「抗菌薬」による薬物療法が行われます。

通常は抗菌薬を服用すれば、2~3日ほどで症状は徐々に改善していくものです。しかし、のどの痛みのため水分が摂取できない場合などには、点滴が必要になり入院が必要になるケースも少なくありません。

iStock.com/hanapon1002

 

溶連菌では、症状が改善した1~2週間後に腎臓に炎症を引き起こすことがあります。腎臓の細い血管に炎症が生じたり、過剰に産生された免疫反応に必要な物質が沈着するのが原因です。

このような腎臓の異常は血尿やむくみ、高血圧などの症状を引き起こしますがほとんどは一過性のもの。しかし、まれに腎臓の機能低下が続くこともありますので注意が必要です(※2)

 

このような続発症は、適切な抗菌薬の服用によって、大幅に発症リスクを軽減できることが分かっています。一般的に抗菌薬は10日間ほど処方されますが、数日の服用で熱が下がると、途中で服用を中断してしまう人もいます

しかし自己判断で抗菌薬の服用を中止すると続発症が起こりやすくなります。たとえ症状がすっかり良くなったとしても、処方された抗菌薬は最後まで飲み切ることが大切です。

 

>>NEXT 自宅での看護のポイントは?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【病気・感染症】その他の記事

病気・感染症
もっと見る