コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「たかが鼻水」と放置しない!! 子どもの「副鼻腔炎」長引かせると厄介に…

子どもの健康

2019.11.26

2019.12.02

子どもが副鼻腔炎になりやすい理由


 

iStock.com/kuppa_rock

副鼻腔炎の元々の原因は、鼻の中の粘膜の炎症。子どもは風邪をひきやすく、自然口もとても狭いため、副鼻腔炎を発症しやすいのです。

副鼻腔炎を早く治すには、抗菌薬などによる治療を続けることと合わせて、とにかく副鼻腔内の膿が混ざった鼻水をできるだけ多く出すこと。

そのためには適度に鼻をかむことが大切です。しかし、子どもはうまく鼻をかむことができない上に「鼻すすり」をして鼻水を溜めてしまいがち。

子どもは副鼻腔炎を発症しやすく、さらに治りが遅くなりやすい理由はここにあるのです。

 

>>NEXT 副鼻腔炎を放置する意外な怖さ

3 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【病気・感染症】その他の記事

病気・感染症
もっと見る