コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

35歳からのスキンケア、 プロの最終結論は〝オイル美容〟で角質ケア

美容

2020.05.16

年齢を重ねると「塗って隠す」にも限界があります。いまどきのメイクで必要とされる「抜け感」を出すためには、ファンデーションに頼らない美肌をめざしたいところ。

そのために必要な、35歳からのスキンケアとは? 多くの女優やモデルの肌にふれてきた、ヘアメイクアップアーティストの赤松絵利さんに、その秘訣を伺いました。

 


《取材協力》赤松絵利さん
ヘアメイクアップアーティスト。ヘアサロン「ESPER」オーナー。〝自分らしいかわいい顔、自分らしい美人顔〟を追求し、蒼井優、綾瀬はるかほか、多くの女優やモデルなどのヘアメイクを手がける。テレビ、舞台、雑誌、広告など多方面で活躍。著書に『世界一シンプルなナチュラルメイクの教科書 自分に一番似合うメイク&ヘアがひと目でわかる』(講談社)がある。

 

念入りなクレンジングで、角質をためない習慣を

 

35歳、40歳を過ぎると『そのメイクかわいい!』とはあまりいわれませんよね。いくつになってもほめられるのは、メイクじゃなく、肌の美しさなんです。そのためにもっとも必要なのが『角質ケア』です。

年齢を重ねると、肌のターンオーバーがどんどん遅くなり、角質がどんどんたまっていきます。若いころと同じスキンケアでは、肌がごわついて、何を塗ってもきれいにのりません。

高額な高機能ファンデを使ってみても、肌のゴワゴワだけはカバーできず、隠そうとして厚塗りになってしまうだけ。角質をためないための毎日のケアが、何より肝心です」(赤松さん)

 

そこでまず見直したいのが、毎日のクレンジング習慣です。赤松さんによると、「落としかたが簡単すぎる人が多い」のだそうです。

目尻を洗うときには、目尻の下を軽く引っぱり、目尻のしわのあいだまでこまかくふれて汚れを落とす。

小鼻のわきを洗うときも、小鼻を指で押さえたうえで、指先でていねいに落とす。

こうした心がけで、細部まできっちり手をかけて、角質と汚れを落としていきます。そのうえで保湿をすれば、保湿効果も十分に得られるといいます。

 

「多くの女性が気にする法令線も、小鼻のわきから始まってるんですよね。そこに角質がたまっていたら、乾燥して、どんどんしわっぽくなっていきます。

加齢が気になる部分こそ、念入りに洗う意識が大切です。若くてぷにぷにした肌のときと、同じ洗いかたではダメなんですよ」(赤松さん)

 

PIXTA/kou

 

>>NEXT 保湿にも使える!赤松さん推薦の良質オイル

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る