注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「ブルーライト」目だけじゃなく〝肌にもダメージ〟注意点と対策法

美容

2020.04.05

日ごろから日焼け止めを塗ったり、化粧下地はUV対策もできるものを選んだり、お肌のために紫外線に気をつけたりしている人は多いと思います。しかし、注意するべきものは紫外線だけではありません。同じ「光」の分野で注目したいのは、私たちの日常に溢れている「ブルーライト」も肌に影響を与えると言われています。対策について紹介します。

ブルーライトとは

 

iStock/ asbe

 

ブルーライトとは、人の目で見ることのできる「可視光線」のなかのひとつ。波長が長く、そのエネルギーは強いものです。

太陽、スマホやパソコンなどの液晶画面から発せられるブルーライトは、紫外線と同じように、肌のシミや色素沈着の原因になると言われています。

そのため、日ごろから紫外線対策に注意している人は多いと思いますが、スマホやパソコンからの光も注意しなければいけません。

常にスマホが手放せない人、デスクワークなどで長時間パソコンを使う人は、特に意識して対策していきましょう。

 

 

>>NEXT 肌に影響を与える3つの光

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る