コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ママたちの「ほうれい線対策」やってる場所は意外にも…一人になれるあそこ!

美容

2020.06.02

内側から「舌の運動」トイレでやる理由(多恵さん/39歳/飲食店勤務)

 

ほうれい線が気になり始めると、顔の皮膚の張りばかりを憂いてしまいがち。でも実は「舌の使い方」も原因のひとつなのだそう。舌を鍛えることが、ほうれい線対策になるらしいんです。

鏡の前で軽く口を上げ、舌を上にあげたとき、口の天井まで届かない人は要注意! 顔のハリが衰えて、への字口になっている証拠なんですって。私は、これをママ友に教えてもらいました。

聞いたその日にさっそく自分でチェックしてみると、確かに微妙に天井に舌が届いていないのに気づきました…そこで、この舌を鍛えて、ほうれい線対策をすることに。

まず、舌の先を上の前歯の裏側に押し当てて、舌をグリグリと前後左右に動かします。下あごを動かさず、舌だけを動かすのがポイントです。これを、ほうれい線が気になる部分から、両手でフェイスラインを押し上げながらするんです。

子どもが見ているときにやると、「何やってるの?」と聞かれてしまうので、この体操はトイレの中でするのがいいですね(笑)。

 

PIXTA/Ushico 

 

 

 

文:芳野美穂

3 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【お悩み】その他の記事

お悩み
もっと見る