コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「なんだか顔が大きく見える…」理由はチークの塗り方にあった!?

美容

2020.06.25

2020.06.26

30代の働くママはとにかく忙しい!しかも、肌の状態も似合うメイクも、20代とは徐々に変わってきています。気づいたら、シワもシミもくすみも気になるし、なんだか目元にハリがなくなって寂しい。どうにかしなきゃ——と薄々危機感を感じているのに、なんとなく見て見ぬフリをしていませんか?

 

でも、生きていれば、年をとっていくのは当たり前。外見が少しずつ変化していっても、女性をキレイに魅せられるとっておきの魔法が“メイク”なんです!

 

今回は、今まで1万人以上の女性を指導してきた“メイクアップ博士”として、悩める30代女性に「年相応の美しさを身につけるノウハウ」をお届けしたいと思います。

 

漠然と続けてきた自己流のスキンケアとメイクを、“もう一度じっくり見直す”特別講座です。1日1テーマに絞って、基本から詳しく解説しますよ!

 

4日目のテーマは「チーク」。チークを上手く入れられると、顔がきゅっと小さくなり、たるみ・シワも目立たなくなります。不思議とスタイルまでよく見える、小顔チークの塗り方を紹介します。

チークは若者向け…?いえいえ、私たちこそ必須のアイテムです

30代からのメイクにチークはマストアイテム。顔に若々しい血色がプラスされて、より健康的に見せてくれますよ。さらに!顔に立体感が出てキュッと引き締まって見えるので、小顔見えして、全身のスタイルまでよく見えます。

 

正しい位置に塗ることで、年々、気になってくるほうれい線も目立たなくなって、アンチエイジングにも役立ちます。ただ、位置を間違えると、顔が一気に下がって見えたり、大きく見えてしまいます。ここでは正しい位置の見つけ方をお伝えしますね。



チークも、パウダーやクリームなど、いろいろなタイプがありますが、日常使いならパウダータイプがムラにならず、使いやすいです。ただ、クリームタイプも色持ちの良さや保湿効果などを考えると魅力的なアイテムです。パウダーでキレイに塗れるようになったら、次はクリームタイプにチャレンジしてみてくださいね。

 

チークと道具の選び方

チークの色は誰にでも似合う「コーラル」一択!

毎日のナチュラルメイクなら、コーラルが最高のカラーです。ピンクとオレンジの中間色なので、ピンクの女性らしい柔らかさとオレンジの知的な爽やかさという、両方のいいところを演出できて、どんなシーンでもなじみますよ。



お子さんの送り迎えや、仕事でのオフィスメイク、女子会など、どんな場面にも使える万能カラーです。

 

今回使ったのはこちら。

「エクセル」のグラデーションタイプのチーク。カラーは「アプリコットジャム」がおすすめ。

 

ブラシはフェイスブラシよりひと回り小さいサイズ

チークブラシは、付属の小さなブラシだと、ムラづきや濃くつきすぎる“おてもやんチーク”の原因になるので気をつけてくださいね。

 

フェイスブラシよりひとまわり小さい、直径4センチほどのブラシが適当です。毛が柔らかなものを選んでください。

 

チークの入れ方

①チークを取ったら、ティッシュで軽く落とす

チークをブラシにとってすぐに顔に塗ってしまうと、濃くつきすぎるので、必ずティッシュでブラシになじませましょう。このひと手間で、プロが仕上げたような内側からじんわりにじみ出るような血色感が出せますよ。

 

②指3本を当ててスタート位置を確認

さあ、チークを塗る正しい位置を割り出すプロセスこそが、最も大切なポイントです。自分の顔に似合うチークの位置を見つけるには、指で測るのが一番簡単。



人差し指、中指、薬指の3本をくっつけます。次に、人差し指を目尻にあてます。


このとき、斜めにならないように指を真横に向けてください。いちばん下の薬指の爪あたりが自分の骨格を最も引き立ててくれるチークのスタート位置ですよ。

 

このスタート位置を、チークの起点にしましょう。

 

③起点から3方向で外側に向かって塗る

まずは起点から、耳上の付け根に向かってブラシを動かします。そのままなぞるように起点に戻って、次は耳の穴の前。また起点に戻って、最後に耳たぶの前という具合です。

 

こうしてスタートとゴールを決めて塗ることで、はみ出しもなくキレイに骨格に合うチークが完成します。

 

 

メイクのプロが読者からの質問に答えます!

Q:かなり色黒なんだけど、チークってコーラルでいいの?

A:もちろんです!コーラルの中でもオレンジが強いものを選ぶと、よりなじみが良くなりますよ。

 

Q:チークはグラデーションや複数の色が入ったものと単色、どっちを選ぶべき?

A:複数の色が入っている商品がおすすめです。理由は、明るさの調整ができることと、ふわっと肌に溶け込むように色が肌になじむからです。

 

Q:チークっていつも真ん中だけなくなって四隅が残る…

A:容器の形と同じにブラシを動かすことで防げます。四角いものなら、使うときは容器の端から端に沿ってブラシを左右に動かしましょう。丸いものは容器に沿って丸く!

 

Q:頬につきすぎてしまったチークを修復することはできる?

A:ファンデを塗ったスポンジで軽くたたいてみて。みるみるうちに淡くなじんでいきますよ。

 

スポンジのファンデがついた面を使うのがポイント!

 

Q:外出先で大きめなブラシがないときにチークはどう直すべき?

A:そのときは付属のブラシで大丈夫。化粧直しがしづらい環境なら、汗に強いスポーツタイプのチークを選ぶのも手です。今は、ドラッグストアでもスポーツタイプがあるので、気軽に楽しめますよ。

 

Q:午後のお疲れ顔に、元気が蘇るチークのお直しテクは?

A:顔の中で最も疲れが出やすいのが、目の下。午後からのクマやくすみって気になりますよね。そんなときは、黒目の下に直径3センチほどチークを塗ってみて!目の下に明るさとハリが蘇って一気に元気顔になりますよ。

 

ほどよい血色をプラスすることで、目の下のクマやくすみがグッと目立たなくなります。

 

次回は、若々しい顔の決め手になる「眉メイクの基本」を解説します!

 

 

<<前へ戻る 次へ進む>>

 

 

文/福井美余 撮影/千葉太一 モデル/石川理咲子(スペースクラフト)

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【メイクアップ】その他の記事

メイクアップ
もっと見る