コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「リップにはもう〇〇を使うな!」予約が取れない人気講師の【30代美人メイクの正解】

美容

2020.06.12

2020.06.19

 

リップメイクで大切なのは、唇の赤みを補うことと、ボリューム感を出すこと。清潔感がありながら、さりげなくセクシーな唇を演出しましょう。

 

教えてくれたのは…

福井美余さん

アラフォー女性がエレガントに見えるメイク術が人気のパーソナルメイクアドバイザー。著書に『身につけるべきは、"年相応"の美しさ』(KADOKAWA)ほか。

 

挑戦したのは…

下嶋佐和子さん

36歳。9歳の女の子と6歳の男の子のママ。「薄化粧がモットー。目の下のくまや肌のくすみが目立ってきたのが悩み…」

 

 

色と光をしっかりのせて品よく色香を出す

「大人の唇は赤みが減り、肌のハリが失われて口角も下がりがち。ほんのり色づくリップスティックやベージュの口紅では色みがたりず、元気がない雰囲気に見えてしまいます」(福井さん)


健康的に見せるためには、ある程度赤みのある口紅で、唇に色をしっかりのせることが大切。

 

「口角を上げてリップラインをはっきり描くと清潔感が出て、顔全体がリフトアップして見えます」

 

減ってきた唇のボリュームを補うグロスもマスト。全体に塗るとギラつくけれど、部分的に使うと、ほどよい色香が出せるそう!

 

リップメイクのルール=口紅とグロスで“ぷっくり唇”をつくる

 

STEP1 “色つきリップ”は卒業して「口紅」を

色をしっかり出すには「口紅」一択。色つきリップははっきり色が出ないうえ、油分が多くにじみやすいんです。チークと同じ「コーラル」なら地味すぎず派手すぎず、ナチュラルに仕上がります。

「上が色付きリップ、下が口紅。色付きリップは色が薄づきで、唇の輪郭がはっきり出ないのが難点。口紅の色はコーラルがおすすめです!」(福井さん)

 

STEP2  “口角を上げて”ブラシで塗る

口角までしっかり色を入れ、はみ出さずに塗るため、必ずブラシを使います。口角を引き上げてブラシを軽くさしこむようにして塗りましょう。普通にしていてもほほえんでいるような口もとになれます。

 

「口角を上げてと言われてもピンと来ない…という人は、笑顔をつくりながら塗ってみて!」(福井さん)

 

STEP3 リップブラシは“縦に”動かす

唇の縦ジワは清潔感を失わせるうえ、老け見えの原因にも。リップブラシにたっぷりと口紅を取り、縦に動かしながら塗ると、シワが目立たなくなり、唇の立体感もアップします。

 

「縦にブラシを動かして口紅をなじませ、唇の縦ジワをしっかりカバーして」(福井さん)

 

STEP4 仕上げに“グロスで輪郭”をとる

口紅を塗り終わったら、リップグロスで輪郭をなぞって。唇全体が少し分厚く見え、さりげない色っぽさが出ます。口紅と同じコーラルのグロスを使うと化粧もちもよくなりますよ。

「グロスを選ぶときは、口紅と同じ色がおすすめ。化粧もちがアップします!」(福井さん)

ワーママにありがち!NGリップメイク

ベージュの口紅は顔色が悪く見える

ハリと血色が少なくなった大人の肌には色みがたりず、不健康な印象に。使うなら、赤みのある口紅と混ぜてコーラルに近づけて。

グロスを使いすぎると品がないイメージに

唇全体に塗ると「ギラギラ」になって口だけが目立ってしまいます。輪郭だけに使うか、下唇のまん中にちょこんと置くのがおすすめ。

 

今さら聞けない…リップメイクQ&A

Q 流行の赤リップをさりげなく使いたい!

A 透明感のある赤をチョイスして

「マットではなく透明感のある赤なら、インパクトが強くなりすぎないのでおすすめ。チークはベージュにして控えめに」(福井さん)

 

Q 口紅を落ちにくくする裏ワザは?

A 軽くティッシュオフしパウダーを重ねてから再度オン!

「口紅を塗ったら軽くティッシュオフ。フェイスパウダーをのせ、上からもう一度口紅を塗ると落ちにくくなりますよ」(福井さん)

 

再来週からは、メイクが苦手なアラフォーワーママのための、7日間特別メイク講座を開講予定! 楽しみにしていてくださいね。

 

 

<<前へ戻る 次へ進む>>

 

 

ヘアメイク/福井美余 取材/松尾はつ子 撮影/千葉太一 『CHANTO』2020年2月号より

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【メイクアップ】その他の記事

メイクアップ
もっと見る