コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「今ドキの太眉は〇〇が決めて!」予約が取れない人気講師の【30代美人メイクの正解】

美容

2020.06.10

2020.06.19

 

大人の眉メイクの役割は、たるみがちな目もとや頰を引き上げて見せること。毛のフサフサ感を出せば、表情まで生き生きと見えます。

 

教えてくれたのは…

福井美余さん

アラフォー女性がエレガントに見えるメイク術が人気のパーソナルメイクアドバイザー。著書に『身につけるべきは、"年相応"の美しさ』(KADOKAWA)ほか。

 

挑戦したのは…

下嶋佐和子さん

36歳。9歳の女の子と6歳の男の子のママ。「薄化粧がモットー。目の下のくまや肌のくすみが目立ってきたのが悩み…」

 

美しい太眉のポイントは印づけとブラシ使い

実は眉毛も、年齢にしたがって細くコシがなくなってくるそう。


「35歳を過ぎたら、やや太く長く描いて毛流れを強調して。少しだけ上がり眉にすると、目じりやフェイスラインのたるみといった弱点をカバーできます」(福井さん)

 

自然に仕上げるには、ポイントに印をつけておくことと、眉ブラシで毛流れを出すことが大切。

 

「時間がかかると思われがちですが、印をつけるとサッと描いても左右チグハグにならないから、かえって時短に。ブラシでとかすのも3秒でOKだから、忙しい朝でもできるはずです!」(福井さん)

 

基本の眉の描き方をおさらい

 

  • 眉じりは口角と目じりの延長線上に合わせます
  • 眉頭は目頭よりやや内側に
  • 眉山は黒目の端と目じりとの中央に
  • 眉じりのカーブは目のカーブと平行に描きましょう

 

「眉頭、眉山、眉じりに印をつけると描きやすいですよ。指で軽くぬぐえば消えるので、思いきって描いてみて」(福井さん)


眉メイクのルール=眉は今までより太く長く"フサッ"と描く

 

STEP1 スクリューブラシで“毛流れ”を出す

描く前に、眉頭は上向き、眉中は外向き、眉じりは下向きに、スクリューブラシでとかして毛流れを出して。特に眉頭の毛をしっかり上向きにすると、フサフサ感が出ます。毛が短いと流れが出にくいので、眉毛はなるべく切らないこと。

 

「ブラシを下→上に向かって動かし、眉頭の毛をしっかり立ててください」(福井さん)

 

STEP2 眉じりは 眉頭より“1〜2mm”高く

まず眉頭、眉山、眉じりに印をつけたら、眉山〜眉じりから描きはじめます。“眉じりは眉頭と同じ高さ”が一般的ですが、眉じりの位置をやや高くするとリフトアップ効果大。カーブは目の形と平行にすると自然に仕上がります。

 

「眉山〜眉じりが目の形と平行になるように意識しつつ、眉じりは眉頭より少しだけ高い位置にね」(福井さん)

 

STEP3 眉頭は目頭より“2〜3mm内側”に

眉山〜眉じりが描けたら、眉頭から眉山までを描きます。眉頭を目頭より2〜3㎜内側にすると、パーツがまん中に寄った美人顔に仕上がりますよ。指で印をそっと消し、もう一度スクリューブラシで毛流れを整えて完成です。

 

「眉頭を内側にすると美人に見えますよ。だまされたと思ってやってみて!」(福井さん)

 

ワーママにありがち! 30代のNG眉メイク

眉毛を抜くと目もとの肌がしぼむ!

眉毛を抜くと、毛根に栄養を運ぶ毛細血管の血流が減り、肌老化の原因に。まぶたの眉は抜かずに、安全カミソリなどで剃りましょう。

 

髪の色に合わせると頭が大きく見える!

髪が茶系だからと眉も同じにすると、目の錯覚で髪の色が強調され、頭が大きく見えます。黒目の色と合わせると目ヂカラを強調できるのでおすすめです。

 

ブツ切れ眉はやぼったく見える!

太眉が流行だからといって、眉じりまで太いと、横顔がぼやけてあかぬけない印象に。本物の毛先のように、自然にシュッと細く仕上げてください。

 

今さら聞けない…眉メイクのQ&A

Q 眉が細いんだけど、どうすればいい?

A 外側に描きたせばOK!

「ぺンシルで眉毛の0.5㎜外側に輪郭を描き、パウダーで中を塗りつぶしましょう。眉じりが細くなるように描けば自然に見えますよ」(福井さん)

 

Q 時間がたっても消えないようにするには?

A フェイスパウダーで皮脂をおさえてから描いて

「描く前に筆で眉の上にフェイスパウダーを多めにのせてください。毛穴からの皮脂がおさえられ、化粧くずれ防止になります」(福井さん)

 

 

次回は「目がナチュラルに大きく見える!アイメイク」のコツをご紹介します!

 

 

<<前へ戻る 次へ進む>>

 

 

ヘアメイク/福井美余 取材/松尾はつ子 撮影/千葉太一 『CHANTO』2020年2月号より

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【メイクアップ】その他の記事

メイクアップ
もっと見る