2019.04.20

毎日3分の美白ケアで、10年後もキレイなママでいよう

124-1

家事や育児に忙しい日々を送るママ。スキンケアもついサボりがちになってしまうのは仕方がないことです。

でも、忙しい毎日の中でふと鏡を見れば、気が付けば毛穴やしみが目立つようになっていた…!なんて方も多いのではないでしょうか。

慌てて高い美容液やエステに頼っても、続けるのは簡単ではありません。「美白は1日にしてならず」なので、キレイな肌をキープするには、毎日のスキンケアでコツコツとキレイを積み立てることが大切です。

今回は、忙しいママでも簡単にトライできる美白スキンケアを紹介します。どれも簡単にできるものばかりなので、今日から実践してキレイな肌をキープしましょう!

■ママの美白ケア①正しいクレンジングでくすみをオフ

クレンジングを行うママの画像

くすみや毛穴が目立ってくるのは、メイクの汚れをきっちり落としきれていないことが原因かもしれません。

クレンジングを適当に済ませていると、くすみや毛穴が目立つ原因となってしまうことがあるため、クレンジングはしっかり行うようにしましょう。

クレンジングにはオイルタイプやクリームタイプのものがありますが、肌が弱いママは比較的に刺激の少ないクリームタイプを選ぶようにしましょう。

TゾーンからUゾーン、目元から口元の順番にクレンジングを優しくなじませていきます。指の腹を使ってたっぷりのクレンジングをつけていきますが、手早く全体にクレンジングをなじませるのがポイントです。

クレンジングは長時間肌につけたままでいると、余分な皮脂まで落としてしまうため、30秒前後で切り上げるようにしましょう。

クレンジングを落とすときはぬるま湯ですすぐのがポイントです。熱いお湯ほど汚れが落ちそうに思う方もいるかも知れませんが、必要な皮脂まで一緒に落としてしまうため、乾燥が進み肌の状態を悪化させてしまう原因になりかねません。

ぬるま湯ではクレンジングのべたべた感が気になることがあるかもしれませんが、次に行なう洗顔でべたつきを落とせるので、それほど気にする必要はありません。

クレンジングをすることで毛穴に入ったメイクの汚れを落とすことができますので、美白肌を作りたいならクレンジングはしっかりと丁寧に行いましょう。

■ママの美白ケア②しっかり洗顔で美白を取り戻す

クレンジング後の洗顔は、くすみのない美白肌作りに欠かせません。洗顔料を手にとり、ネットなどを使ってきめ細やかなコシのある泡を作ります。

この時に水分を多く含むと泡のキメが粗くなるので、水分を含まないように泡立てることがポイント。きめ細やかな泡を作ることで毛穴の奥まで泡が入り込み、汚れを落としてくれます。

きめ細やかな泡ができたら、皮脂の多いTゾーン、アゴ、順につけていき、指の腹を使って優しく洗っていきます。
ゴシゴシ洗うのではなく、泡のクッションを顔全体につけ、小刻みに振動させるイメージで洗うと良いでしょう。すすぎはクレンジングと同じように、ぬるま湯で行います。 

忙しいと泡立ちが足りないまま洗顔してしまいがちですが、泡だてネットや泡で出てくる洗顔料を使うのもオススメですよ。

 

■ママの美白ケア③美白美容液を使う

美白を目指すなら、美白成分が含まれている美白美容液を利用すると手軽にケアをすることが可能です。

美白美容液は他の基礎化粧品と合わせて使うことができるため、普段のスキンケアをするときに組み合わせるだけで美白ケアができます。

化粧水のあとに美白美容液を適量手のひらにとり、顔全体にやさしく塗り込んでいきましょう。摩擦が強いと黒ずみの原因になることもありますので、肌が動かないよう優しく抑えながら塗っていくようにしましょう。

美白ケアの中では一番手軽に行えるスキンケア。今はプチプラブランドからもたくさん優秀な美容液が発売されているので、続けられる値段の美容液を選びましょう。余裕がある方は、シミやくすみを狙い撃ちするポイント使いのものと、顔や首全体で使えるものを併用してもいいですね!

■ママの美白ケア④プチプラスキンケアをライン使い

一般的に、高いデパコスをちまちま使うより、プチプラの美白スキンケアを惜しみなく使ったほうが効果が現れやすいんだそう。

化粧水や乳液、保湿クリームなどに美白成分が含まれている化粧品も多く販売されていますので、美白美容液と合わせて使用すると、より美白効果を感じられることでしょう。

美白美容液を発売している同じメーカーの基礎化粧品を使用すれば、さらに効果が期待できます。

基礎化粧品を使う際はコットンを使用すると摩擦で肌が傷んでしまう心配があるため、手のひらに化粧水や乳液をとり、顔全体を包むようにしてなじませてあげるようにしましょう。

乾燥肌の場合、肌のバリア機能が弱まっているので、コットンを使うことによって色素沈着が起きる可能性もあります。

美白を目指すなら、必ず自分の手や指を利用して基礎化粧品を肌になじませるようにしましょう。

美白のママの画像

■ママの美白ケア④日焼け止めを欠かさない

美白ケアでもっとも大切だと言っても過言ではないのが、日焼け止めです。日焼けは夏だけのイメージがありますが、紫外線は一年中降り注いでいるため、美白を目指すなら一年中日焼け止めを塗っておいたほうが良いでしょう。

紫外線はメラニンを生成し、顔にシミやくすみを発生させます。美白ケア目的なら、日焼け止めは保湿効果とSPFの値が高いものを使うようにしましょう。

最近では紫外線をカットしてくれるBBクリームやファンデーションなども数多く登場していますので、日焼け止めと合わせて利用すると、さらに美白ケア効果も上がります。

■ママの美白ケアまとめ

美白になるためのスキンケアも大切ですが、体の中から肌をキレイにすることも忘れてはいけません。美白効果のある食材やサプリと合わせてスキンケアを行えば、さらなる美白効果が期待できそうですね。