2019.05.13

石田ゆり子さんも!? 更年期障害を語る芸能人に「誤解も解けるし助かる!」

2019513kounenki01「更年期障害」とは、閉経前後の約10年間に起こる様々な症状のことをいいます。昨年9月に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)では、女優の石田ゆり子さんが更年期障害についてトークを展開していました。

 

「急に暑くなる」と告白した石田さん


番組には石田さん以外に、アナウンサーの有働由美子さんと小説家の角田光代さんという同年代の3人が登場。石田さんが「独特な疲れってあるじゃないですか世代的に。自律神経がついていけない」と笑いながら話すと、有働さんは「朝(石田さんと)2人でメールする時、だいたい『疲れがとれないよね』って…」とコメントしていました。

 

また石田さんは、「最近さ、急に『暑い!』って」と告白。有働さんが「あるね、あるね」と同意すると、角田さんは「私、汗が『ガー!』って出るようになって」「でも暑いからなのか、“ホットフラッシュ”なのかわからなくて…」とコメントしています。

 

アラフィフ女性のリアルな生活を語った3人に、ネット上からは「女優さんやアナウンサーの人がそういう話をしてくれるのってかなり助かる」「石田さんと同じ年だからわかる。急に来るよね。免疫が落ちるというかなんというか」「ホント辛いよね。なってみないとわからない辛さ。こういう風に正直に話してくれる女性がいると、更年期に対する色んな誤解も解けるけもしれない」などの声が上がっていました。

 

>>NEXT 更年期との向き合い方をブログで明かす松居直美さん

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。