子どもを連れての電車マナーは、いたるところで頻繁に議論を呼んでいます。同じママの立場としては子連れ移動の大変さは理解できるし、たいていのことは(寛大に見てあげて!)とかばいたくなる気持ちにもなるものです。そんなママたちから見ても「これはダメでしょ!」と思うマナー違反とは、どんなものなのでしょう。

 

優しい人に譲ってもらいなさい(じゅんこさん/35/事務)

仕事帰りの電車に乗っていたときのことです。席にすわって(保育園のお迎えして、それからスーパー寄って…夕ご飯何にしよう?)と考えごとをしていると、4歳くらいの男の子を連れたママが乗ってきました。(うちの子と同じくらいだなぁ)と思っていると、その子が「ママー! 座りたーい!」と叫んだんです。
shutterstock_112225889
しかし、この時間は帰宅ラッシュの真っただ中、空いている座席はもちろんありません。すると母親は、周りに聞こえるような声で驚きのひと言を。 「そうよね、疲れたよねー。優しい人に譲ってもらいなさい!」 (え、席を譲れってこと? しかもその言い方は…なんだ?!)私をはじめ、おそらく乗客全員が驚いていたことでしょう。でも自分から立ち上がる人はなく…男の子は「座りたーい!」と叫びつづけ、ついには泣き出してしまいました。 (譲ってあげようかな)と迷ったのですが、「はいはい、たっくん座りたいのよねー?」と、聞こえよがしに何度も言う母親の態度にモヤモヤして、結局動けませんでした。 その後、次の駅で降りた人の席に座れましたが…もし自分の子どもが座りたがっても「譲ってもいなさい」なんて、絶対に言わないです。