20190401youchien01
2020年の教育改革で小学校高学年の英語授業が必須になるため、お子さんに英語を習わせたいと考えている人も多いことでしょう。そこで今、インターナショナルスクールやプリスクール(インターナショナルスクールの幼稚部)が注目を集めているようです。

 

親が英語を話せないとインターナショナルスクールは難しい!?


周りにインターナショナルスクールへ通ったことのある人がいないと、どのような世界が広がっているかわからないもの。以前、ネット上に寄せられた「インターナショナルスクールってどんな所?」という疑問が話題になりました。

 

お悩みを寄せた女性は、「インターナショナルスクールやプリスクールに通っていた人、お子さんが通っている人、知り合いが通っていたという人がいたら教えてほしいのですが、どんな所なのか知りたいです!」と投げかけています。

 

この疑問にネット上からは、「まず親が英語できないと無理。持ち帰ってくる連絡プリントはすべて英語だし、先生との会話も英語です!」「将来、海外の学校に入れる希望がある&親も英語がしっかり話せる家庭じゃないと大変だと思う」「バザーに誘われて行ったことがあります。中の表示などがすべて英語だったので、英語ができる親でないと無理な気がしました」などの声が。“子どもの環境”といった面ではなく、まず“両親の英語力が必要”だと考えている人が多いようです。

 

またプリスクールについては、「小学校から公立にするなら、家庭教師をつけないと英語力を維持するのが難しいかもね」「友達のハーフの子、幼稚園はプリスクールに行ってたけど小学校からは普通の公立。今はもう英語が話せなくなってるよ」などの意見も。将来的なビジョンを見据えた上でないと、場合によっては英語力が落ちてしまうのかもしれません。