働くママたちにお話を聞いていると、「自分の年収が旦那さんより多い」なんて話も聞くようになりました。でも結婚前からそうなのではなく、途中から〝下克上〟した場合は、「お互い複雑な感情がある」そうで…夫のプライドと妻の気遣いが交錯する、共働き家庭の物語です。

 

飯食えるのは誰のおかげ…って?(加奈さん/35/社会福祉士)

「誰のおかげで飯が食えてると思っているんだ!」
喧嘩のたびにそう言う旦那に腹が立っていましたが、旦那の年収のほうが高いことは事実。仕方ないと諦めていた私に、転機が訪れたのは去年の春のことです。
shutterstock_724318378
勤めていた介護施設で人事異動と退職が重なり、上司の推薦で副施設長就任が決まりました。責任は大きくなるとはいえ、いまと同じ勤務時間で昇給+役職手当が加算されるんです。 私にとっては願ってもない話。そして提示された年収を見たとき、真っ先に頭に浮かんだのは「旦那の顔」でした。そう、その金額は、旦那の年収をゆうに超えていたんです。 旦那に目にもの見せてやるチャンスが、ついに到来しました! その日、スーパーで総菜を買って帰った私は、リビングでくつろぎながら旦那の帰りを待ちました。帰宅した旦那がテーブルの上にある総菜を見て「手抜きするなよ! 誰のおかげ…」といつものセリフを言いかけたそのとき…あの年収が書かれた紙を差し出したんです。 それを見てすべてを悟ったのか、旦那は急におとなしくなり(笑)。それから彼が私に偉そうなことを言うことはなくなりました。最初は気まずそうな雰囲気を出してはいましたが、いまではお互い協力して育児と家事に取り組んでいますよ!