近い未来の労働人口減少の危惧から、「一億総活躍社会」の実現を目指すべく叫ばれている「働き方改革」。働き手の増加、出生率の上昇、労働生産性の向上を目指し、多様な働き方を可能にするチャレンジです。そんな流れのなかでも、独自の社訓を掲げておかまいなしに邁進する会社…職場の理不尽に苦悩するママたちのお話です。

 

研修会は決まって休日(ゆかさん/30/販売)

「常に学ぶ姿勢をもつ」という考えを重んじる私の職場は、頻繁に研修を行います。勤務時間内なら喜んで参加するのですが、実施されるのは毎回必ず「休日」なんです。「勉強は自主的に行うものであって、仕事ではない」というの理由だそうですが、たまったもんじゃありません。 しかも、これまで講師をしていた副社長が「今度の研修から俺は参加しない。自分たちでテーマを決め、講師も順番にやりなさい」と言いだしました。それからというもの、講師当番はテーマを考え、勉強に追われ…私を含め現場は大慌てです。研修レポートはしっかり提出させられるので、口裏を合わせてサボるわけにもいきません。
shutterstock_255877921
うんざりしていたとき、同僚に「副社長が講師やめたワケ知ってる? 社長とふたりでゴルフ三昧らしいよ」と聞かされたんです。てっきり「仕事で忙しいんだ」と思い込んでいたのですが、「スポーツの勉強をしてる」と言い訳する彼らに、私も「エステでリラックス効果の勉強をしてきます」と宣言したいです!