20181225kaopasu01

毎日のように新しい話題がフィーチャーされるネットの世界。この記事では、SNSや検索サイトで注目を集めているワードを解説&深堀りしていきます。今回取り上げるのは、Twitterで話題の「顔パス」。

 

「顔パス」に注目が集まったワケは?


2018年12月18日に「顔パス」が話題になった理由は、「顔パス対応のコンビニ」がオープンしたから。12月17日に東京「三田国際ビル」の20階に登場した「セブン-イレブン」には、顔認証技術を使って入店や会計時に利用者を判別する仕組みが導入されています。

 

この店舗は、「セブン-イレブン」と「NEC」が共同で手掛けた“省力化コンビニ”の実験店。現在利用できるのは「NEC」の従業員だけですが、今後はオフィスや工場内などの小規模店舗への導入が予定されているそうです。

 

「顔パスコンビニ」の仕組みは、あらかじめ利用者の顔写真を登録。入口に設置された装置が顔を認証するとドアが開き、支払いも顔認証で行えるといったもの。お会計はセルフレジで行い、代金は給与から天引きされます。商品の陳列や発注は店員さんが行いますが、レジ業務が無くなるため“省人化”に。

 

進化型コンビニの登場に、Twitter上には「遂に顔パスのコンビニが始まるのか。凄い時代だ…!」「コンビニで顔パスってカッコイイ! やってみたい!」「時代はここまで来たんですね! ワクワクする」「これからはカード決済でもスマホ決済でもなく“ガンメン決済”の時代だな」といった声が上がっています。