女性にとって、人に言いにくい身体の悩みのひとつ…それが「痔」です。でも、産後の痔に悩む女性は非常に多いんです。 痔には「痔核(イボ痔)」「裂肛(切れ痔)」「痔瘻」など、いくつかのタイプがありますが、産後の女性にとりわけ多いのが痔核。肛門周囲の血液が滞り、イボのようにふくらんで腫れるものです。このうち、肛門の内側の粘膜部分に痔核ができるものを「内痔核」、肛門の外側にできるものを「外痔核」といいます。 そもそも妊娠中は、女性ホルモンの影響や腹圧の低下で、便秘になりがち。そして便秘が続くと、排便でいきむたびに肛門内の粘膜に血液がたまり、痔核ができやすくなります。また妊娠中は身体がむくみ、肛門まわりの血流も滞っています。これも痔核ができる要因となります。
shutterstock_1181843038
さらにお産のときは、赤ちゃんの大きな頭と身体を出すために、全力でいきみます。そのとき、痔核があるとさらにうっ血(血液がたまること)して、肛門の外にとび出してしまうことがあります。