shutterstock_676299745
“悪質クレーマー”といった言葉が広まり、ここ最近ではクレームを入れた人が逆に非難される事態も目にします。現在のネット社会はクレーム1つとってみてもデリケート。中には自分の入れたクレームに対して、本当に正しい行為だったのかと心配する人も…。

 

クレームの良し悪しに悩む女性


事の発端は、匿名掲示板に投稿されたクレームに対する相談から。ある女性がコンビニで買い物をした際、彼女が伝えた支払い方法とは違う決済方法で会計をされてしまったそう。その場でミスを指摘したものの、店員さんはやり方が分からなかったのか対応してくれません。

 

結局彼女は普通に会計を済ませ、後ほどお店の責任者に連絡。決して怒りに身を任せて怒鳴り散らしたりはせず、「こういうことがあって困ったので改善してもらえたら嬉しいです」と優しく要求しました。しかし初めてクレームを入れたこともあり、「やりすぎだったかも?」という反省とともにクレームの良し悪しに関して疑問を感じています。