姑が嫌いすぎて離婚を考える妻たちが、「自分に我慢が足りない?」と悩む様は、以前の記事で紹介しました。しかし今回、取材に応じてくれた妻たちは、その悩みを通り越して「即離婚」を決めました。妻たちにそれほどの重大な決心をさせるに至った「姑からのひと言」とはどんなものでしょうか。

<関連記事>「姑が嫌いで離婚したい」と思うことは、嫁としての我慢が足りないのか?!

「妻なら夫の浮気くらい寛容になるべき!」(莉子さん/34/事務職)

 

結婚6年目、子どもが4歳のときに離婚しました。発端は夫の浮気です。発覚したときには、母と姑に相談しました。母は「やり直せそうなの? もし難しそうなら、いつでも帰ってきていいからね」と言ってくれました。
shutterstock_635835290
ところが姑は「そんなくだらないことで悩んでるの? 妻なら夫の浮気くらい寛容になるべきよ! 男は浮気する生き物なんだから」と言われて…これには、開いた口もふさがりませんでした。 姑夫婦がどうやって過ごしてきたかは知りません、でも浮気はそんなに簡単に許されるものではないと思っています。「離婚したほうがいいのかな…」と悩んでいましたが、このセリフを聞いて離婚を決意しました。 その時の姑が、夫のことをかばって言ったのか、自分も同じようにしてきたから私も耐えて当たり前だと思ったのか、いまだに真相はわかりません。ですがどちらにしても、夫婦の問題にそこまで言われる筋合いはありません。 夫婦生活を続けていくのも不安でしたし、なによりそんな姑とつき合っていくことにも耐えられそうにありませんでした。いまとなっては、そんな非常識な考え方の親子から解放され、本当に良かったと思っています。